*

ここ4年間で3作品、私の年間映画1位とキネマ旬報年間1位が同じ

 

歴史あるキネマ旬報の2016年のベスト10の表彰式が本日ありました。

 

2016年の邦画1位は『この世界の片隅に』

 Konosekai titleimg

 

私の年間映画1位も『この世界の片隅に』でした。

 

 

そして、

2015年のキネマ旬報洋画1位は『マッドマックス / 怒りのデスロード』

20150615 1111666

 

私の年間1位も『マッドマックス / 怒りのデスロード』でした。

 

 

2年連続でキネマ旬報年間1位と私の1位が同じ。

なかなかなものでしょう。

 

 

ついでに

2013年のキネマ旬報洋画1位『愛・アムール』

161061 02

 

私の2013年1位も『愛・アムール』でした。

 

だからどうしたって言わないで。

 

我ながら、すごいことだと思うんだけどね。

 

ではでは。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

戦争と家庭どっちが大切なの? ~『アメリカン・スナイパー』を観て。

  スナイパーといえば、ゴルゴ13。 いかなるときも冷静沈着、完璧な仕事をします。

記事を読む

Tatsuyaの2017年ベスト映画

          今年を振り返る自己満足企画第2弾。       今度は映画編です。     今年

記事を読む

映画「アリータ: バトル・エンジェル」を観た

          日本の漫画「銃夢」のハリウッド映画版の「アリータ:バトル・エンジェル」を観に行っ

記事を読む

マン・オブ・スティール

スーパーマンのリメイク 「マン・オブ・スティール」を観ました。 映画「スーパーマン」にあった

記事を読む

映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のディカプリオの迫真の演技に人生にサバイブすることを教わる

          レオナルド・ディカプリオが初めてオスカーをとった話題の映画「レヴェナン

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ベルリンをブラタツヤ(観光編2)

      7月初旬にベルリンに行ってきました。   目的はTOAとい

ベルリンをブラタツヤ(観光編1)

  7月初旬にベルリンに行ってきました。   目的はTOAというヨーロ

ベルリンをブラタツヤ(グルメ編)

7月初旬にベルリンに行ってきました。 目的はTOAというヨーロ

TOAオフィシャル視察ツアー2019(その3:最終日とツアー全体の感想)

  2019年7月2日(火)~7月5日(金)に、インフォバーンさん主催

TOAオフィシャル視察ツアー2019(その2:TOA)

  2019年7月2日(火)~7月5日(金)に、インフォバーンさん主催

→もっと見る

    • 633508総閲覧数:
    • 191今日の閲覧数:
    • 351昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑