*

下流社会

公開日: :


先日、サマーソニックというロックフェスティバルに行ってきました。
いい年して、若者に交じって楽しんできましたが、いまだに体中が筋肉痛です。
さて、ライブが終わり、現実社会に戻ったわけですが、
みんなライブでのエネルギーを実態社会ではどう活かしてるんだろう。
私みたいに、単なるストレス発散だけなのだろうか。
そう思うと、ふと昔読んだ「下流社会」という本を思い出しました。
下流の趣味は、音楽コンサート、スポーツ観戦、テレビゲーム、インターネットが多いという。
(上流は音楽コンサートなんか興味がない。旅行、スキー、ゴルフなどアクティブな趣味が多い)
私の趣味はテレビゲームを除き、完全に下流のそれだ。
趣味は個人のことなので批判されるいわれはないが、
以下の点にとても危惧すると作者は言う。(私もそう思う)

多くの人間は、客観的に搾取されていることを自覚してはいるが、
どうしようもないために、ある程度内的に不幸なのであり、
他方では、その程度の不幸なら瞬間的な盛り上がりやら何やらを介して適当にやり過ごすことができる。
ただ、その瞬間な盛り上がりさえもが、
サッカーワールドカップなどの娯楽イベント的なメディアを中心に装置化され、
管理されているという点である。
つまり、内的に不幸な人間が、その不幸を自分自身の力で解決するタフさを持たず、
大きなメディアイベントに依存した受動的な存在になっているのではないか。

本書では、様々な調査結果をふまえ、
「下流」とは、単に所得が低いというだけではなく、、
コミュニケーション能力、生活能力、働く意欲、学ぶ意欲、消費意欲など
総じて人生、生きることに対しての意欲が低いと指摘する。
今や、1億総中流などど寝ぼけたことを言ってる人はいないと思うが、
本書が出た2005年以前は、誰もが日本にこんなに格差があるなんて思いもしなかった。
格差社会の実態が世間に公表され、ある意味、日本人の意識を根本的に変えた画期的な書と言える。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

おすすめの漫画ベスト100をランキング形式で紹介する

しっきーさんのブログ 「おすすめの漫画ベスト100をランキング形式で紹介する」 http

記事を読む

フェイスブック 若き天才の野望

ここ2、3ヶ月、私の中では、facebookが大ブーム。 米TIME誌の2010年の顔に選ばれたこ

記事を読む

no image

史上最強の人生戦略マニュアル

またまた自己啓発書かよ。 と思われそうですが、 これは、とても現実的。 自己啓発書というより、人生

記事を読む

no image

Rich Dad Poor Dad

やっと、この本を読み終えた。 "Rich Dad Poor Dad" by Robert Kiyos

記事を読む

no image

日本の富裕層

わが国も格差が広がりつつあります。 今までは庶民も富裕者もいっしょくたに相手にしてきた会社も多いと

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343653総閲覧数:
    • 84今日の閲覧数:
    • 145昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑