*

トゥルー・グリット

公開日: : 映画感想文

コーエン兄弟の『トゥルー・グリット』観た。
コーエン兄弟の映画は
バイオレンス・スリラーの「ノー・カントリー」、「ファーゴ」
アブノーマルな不条理ドラマ「バートン・フィンク」「バーバー」
等と、娯楽映画のワイルドサイドを歩いたような作品ばかりで、独特な雰囲気があり、好き嫌いがはっきりと分かれる。
しかし、本作はコーエン節は影をひそめ、純粋な心打つヒューマンドラマに仕上がってる。
なので、コーエンが苦手な人にも大丈夫だと思う。

コーエン兄弟は
1996年の「ファーゴ」では、理不尽で凄惨な事件ばかりのアメリカ社会を描いたが、ラストシーンでは一縷の希望を残した。
2007年アカデミー賞受賞作「ノーカントリー」では、もはや現代のアメリカには希望はない、絶望しかないと投げかけた。
そのコーエン兄弟が、今度は西部劇、それも希望あふれる映画を撮った。
アメリカにまだ希望のあった時代を舞台とすることで、この混沌とした現代へ希望を届けようとしたのだろうか。
まあ、これは考え過ぎだろうけどね。
「トゥルー・グリット」とは「本当の勇気」という意味。
題名どおり、勇気と希望の物語だ。
14歳の少女の勇気と希望の物語であり、
年老いた保安官の勇気と希望、そして再生の物語でもある。
少女が非情な世界へ踏み込むというところから、
コーエン流「不思議の国のアリス」ともいえる。
なんといっても、この少女の存在感が凄い。
賞レース常連の他の俳優たち(ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン)を完全に食ってる。

この少女の勇気と信念に、パワーを与えてもらった。
僕たちも、ちょっとした勇気で一歩を踏み出せば、ものごとは思う方向へ進み出すはず。
そして、周りにも良い影響を与える事ができるはず。
勇気と信念と希望を持って生きよう!


ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

日本未公開の「ヒックとドラゴン2」をやっとDVDで観ました

    世界中で大ヒット、 ゴールデングローブ賞最優秀長編アニメーション賞受賞、 アカデミー賞

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2014

  今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は17本の映画を劇場で観ました。  

記事を読む

映画『インターステラー』を観て、時間というもの、人生の選択というものについて考えた。

        ※ネタバレ注意 TIME IS MONEY

記事を読む

究極のパワハラバトルアクション映画『セッション』を観て

      パワハラって悪いイメージがある。   一方で、熱血指導と紙一重だという意見も分かる。

記事を読む

全ての夢追い人への応援歌『ラ・ラ・ランド』

            惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したけど、あらゆる賞を席巻した話題の映画『ラ・

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「Maker Faire 台北」に出展しました(その1:前日まで)

      11月上旬の週末、Makerfaire台北に出展しました。

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

→もっと見る

    • 335986総閲覧数:
    • 255今日の閲覧数:
    • 288昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑