*

トゥルー・グリット

公開日: : 映画感想文

コーエン兄弟の『トゥルー・グリット』観た。
コーエン兄弟の映画は
バイオレンス・スリラーの「ノー・カントリー」、「ファーゴ」
アブノーマルな不条理ドラマ「バートン・フィンク」「バーバー」
等と、娯楽映画のワイルドサイドを歩いたような作品ばかりで、独特な雰囲気があり、好き嫌いがはっきりと分かれる。
しかし、本作はコーエン節は影をひそめ、純粋な心打つヒューマンドラマに仕上がってる。
なので、コーエンが苦手な人にも大丈夫だと思う。

コーエン兄弟は
1996年の「ファーゴ」では、理不尽で凄惨な事件ばかりのアメリカ社会を描いたが、ラストシーンでは一縷の希望を残した。
2007年アカデミー賞受賞作「ノーカントリー」では、もはや現代のアメリカには希望はない、絶望しかないと投げかけた。
そのコーエン兄弟が、今度は西部劇、それも希望あふれる映画を撮った。
アメリカにまだ希望のあった時代を舞台とすることで、この混沌とした現代へ希望を届けようとしたのだろうか。
まあ、これは考え過ぎだろうけどね。
「トゥルー・グリット」とは「本当の勇気」という意味。
題名どおり、勇気と希望の物語だ。
14歳の少女の勇気と希望の物語であり、
年老いた保安官の勇気と希望、そして再生の物語でもある。
少女が非情な世界へ踏み込むというところから、
コーエン流「不思議の国のアリス」ともいえる。
なんといっても、この少女の存在感が凄い。
賞レース常連の他の俳優たち(ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン)を完全に食ってる。

この少女の勇気と信念に、パワーを与えてもらった。
僕たちも、ちょっとした勇気で一歩を踏み出せば、ものごとは思う方向へ進み出すはず。
そして、周りにも良い影響を与える事ができるはず。
勇気と信念と希望を持って生きよう!


ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

  ノーベル平和賞のアウンサン・スー・チーさんの激動の半生を映画化した 『The

記事を読む

映画「メタル・ヘッドバンカーズ・ジャーニー」を観て、ヘヴィメタの素晴らしさを知る

  最近、「BABY METAL」のおかげで、ヘヴィーメタルが一般ピーポーにも注目を集

記事を読む

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売された。 価格は2万円代、もはやV

記事を読む

タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド

本日は9・11ということで、 広島市中区大手町のカフェ・パコで 第80回米アカデミー賞長編ドキュ

記事を読む

普通じゃないことは素晴らしい! 〜『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観て

        第2次世界大戦で、解読不可能と言われたナチスドイツの暗号エニグマを解読し、英国を勝利

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 356380総閲覧数:
    • 141今日の閲覧数:
    • 308昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑