*

ジョブズ・ウェイ

公開日: : 最終更新日:2016/02/13 スティーブ・ジョブズ,

スティーブ・ジョブズが10月5日に死去された。
以降、あらゆるメディアで、彼の特集が組まれ、彼の偉大さを讃える記事を目にする。
さながら、ここ数日はIT業界のみならず経済界はジョブズ一色だった。
一民間企業の経営者の死がここまで社会的影響を与えることなど、私の知る限り、きいたことがない。
たんなる一経営者という枠を超え、ロックスターのようでもあり、神と呼ばれたりもする。
そのように神格化、絶対化されるジョブズだが、外部の人間が書いている記事ばかり。
そこで、今回紹介する本の著者は、アップルでジョブズの片腕だったジェイ・エリオット氏。
よって、より具体的、詳細な記述で興味深い内容になっている。
ほとんどはジョブズのリーダーシップ、経営にふれる内容だが、実際その場所にいる人間でないとわからないであろう細かな描写やジョブズの人間的な一面もかいまみれる。
ソニーの盛田昭夫氏との会食のエピソードなどとても興味深かった。
このように、今までのジョブズ本とは一線を画しており、深くジョブズを理解するには最適な本だと思う。

長い前置きはここまで。
さて、
ジョブズの根幹をなすもの。
それは、
「製品に対する情熱」
これに限る。

「偉大な製品は、情熱的な人々からしか生まれない」
(スティーブ・ジョブズ)

だからこそ、完璧を求め、妥協せず、製品に関わることの細部全てにまで口うるさく詰めることができる。
遠慮なくダメ出しができる。
アップルの直営店の床材まで細かく注文するほどだし、
完成間際の製品をゼロから作り直させたりする。
そして、
情熱があるからこそ、対立する人間への説得力に迫力がある。
情熱があるからこそ、遠慮なく首を切ることもできる。
すべては、アップルのため。
すべては、自分の理想とする製品のため。
暴君、独裁者といわれるが、情熱があればこそ。
我々はえてして
「私が求めていたものと違うけど、まあいいか」
と妥協することがある。
でも、それは真に情熱を持って仕事をしていないこと。
そうはいっても、彼は真のビジョナリーだからこそ、ブラック企業並みの待遇でも、想像力がある優秀な人間はついていくし、彼の無理難題にもチャレンジする。
世界を変える仕事をしていると信じているから。
我々は海軍ではなく海賊なのだから。
9時から5時まで働けばいいと思う人間とは対局に位置する。

もう1つ大事なこと。
一般消費者の意見をきいてはいけない。
一般消費者は自分が何をほしいか分かってないから。

「もしその昔、何が欲しいかを顧客にたずねたら、『もっと速い馬』という答が返ってきただろう」
(ヘンリー・フォード)

経営者は、ビジョナリーであるべきだ。
自分が暮らしたいと思う世の中が実現するように、その助けとなる製品、サービスをつくる。
ゆたかな想像力が必要だ。
既存にあるものを改良していくという発想ではない。
それに利益が先にきてはいけない。
あくまでも製品が第一だ。

経営者は、独裁者であるべきだ。
えてして新しいものにはコンフリクトが立ちはだかる。
過去の成功体験は革新性の足かせになる。
独裁者ならば、アイデアの障害になるものは取り除くことができる。
iMacを制作しようとしたときには、担当者から30個のできない理由で反対された。
でも「CEOの俺がいうから」の一言で済む。
民主的な企業では、こうはいかない。

新しいアイデア、革新的なアイデアが浮かぶとする。
なぜやろうとしない?
なぜためらうのか?
自問自答しよう。
そしてリスクをとっていこう。
リスクをとらないことは、長期的な視野では、最大のリスクであるのだから。

スティーブ・ジョブズはもういない。
しかし、われわれの心に、その精神は生き続けている。
あとは、各自それをどう体現していくかだ。

最後に、2005年スタンフォード大学でのスピーチより

You have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever.
Because believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart; even it leads you off the well-worn path.
And that will make all the difference.
(Steve Jobs)

PS、ワンモアシング
本書でたびたび紹介されている、1984年のアップルのCM。
監督はエイリアン、ブレードランナーのリドリー・スコット。
ジョージ・オーウェルの1984をぶち壊せ!
人間を解放するツールがMacなのだ。
Macを持つことは管理社会から自由になれるのだというメッセージ。

【ジョブズ関連本の過去エントリー】
スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3753799
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンテーション
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3601396
iPodを作った男
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=2065276

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

竜馬がゆく (四)

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」をNHK大河ドラマ「龍馬伝」の進行に合わせて紹介するシリーズ。 と言いな

記事を読む

フォースクエア 位置情報の威力

初めて携帯電話を見たとき、どう思いましたか? 「電話ボックスで電話すれば良いじゃん」 初めて写メ

記事を読む

no image

リスク ― 神々への反逆

今日の日経ヴェリタス、 将棋の羽生名人の言葉が載ってた。 「リスクをとらないことが最大のリスクだ」

記事を読む

大和ハウス工業から学ぶ経営哲学〜『熱湯経営』『先の先を読め』を読んで

    テレビのコマーシャルでよく見る大和ハウス工業ですが、どんな会社かよく知らない人も多いと思いま

記事を読む

no image

大いなる不安定

先般の金融危機は「100年に一度」ではない。 ましてや「ブラック・スワン」でもない。 かなりの確率

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【平成30年7月豪雨】坂町にボランティアに行ってきました。

        8月14日、広島県の坂町で災害ボランティアをしました。

「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

8月4日、5日 昨年に続き、今年も東京ビッグサイトで開催された「Ma

【Raspberry Pi 備忘録】ラズベリーパイのSSH接続時のエラー「POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! 」「REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! 」

Mac のターミナルからラズベリーパイにSSH接続をしようとすると、

【平成30年7月豪雨】江田島にボランティアに行ってきました。

      この度の集中豪雨(平成30年7月豪雨)で私の住む広島県は多

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

→もっと見る

    • 313215総閲覧数:
    • 87今日の閲覧数:
    • 174昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑