*

ジャンゴ 繋がれざる者

公開日: : 最終更新日:2018/09/15 映画感想文 ,

久しぶりのタランティーノ映画
「ジャンゴ」を観た。


今回も相変わらずの血のりたっぷりのタラノンティーノ節炸裂!
とはいってもタランティーノにしては残酷な演出は控えめ。
10年くらい前の「キルビル」では、女性が悪い男を殺しまくり、
前作では、ユダヤ人がナチスを殺しまくり、
そして、今回は元奴隷の黒人が白人を殺しまくる。
虐げられる社会的弱者が、社会的強者を殺しまくるところが、タランティーノ映画のスッキリ爽快するところ。

とはいえ、もはやタランティーノは、過去の映画を自分流にアレンジしているだけで、目新しいもの、革新的なもの、サプライズは特に感じなかった。
本作にしても、過去の作品「キルビル」「イングロリアス・バスターズ」の復讐劇という設定そのままに、舞台をアメリカ西部劇に変えただけのよう。
シーン1つ1つが、どこかで観たことあるようなシーンばかり。
そうはいっても、タランティーノの映画に何かを求めること自体、いや、そもそも娯楽映画に何かを求めること自体が無意味なこと。
本作も、奴隷制度、人種差別にもの申すとかいう高尚な映画ではなく、純粋にタランティーノが子どものころに好きだったマカロニウエスタン、ブラックエクスプロージョン映画を、自分が撮りたかっただけに違いない。

以上、批判ばかりしたけど、今までのタランティーノ映画がスゴすぎたからこその批判。
本作も娯楽映画としては、最高の部類に入る傑作。

愛する妻を取り戻すために、立ち上がる元奴隷の黒人ガンマン。
その設定だけでいい。
とにかく、ジャンゴがかっこ良過ぎる。
ディカプリオ、サミュエル・L・ジャクソンの相変わらずの存在感、
極めつけは、アカデミー賞受賞のクリストフ・ヴァルツ。
監督がいい、俳優もいい、
しかし、そんなスゴい俳優を、このようなB級な映画に出演させる。
そこがタランティーノ映画の格別なところ。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

20世紀少年 <最終章>

ついに20世紀少年 最終章。 物語の始めの頃は、壮大な今までにない世界観にワクワクしたものだが、 い

記事を読む

『ベイマックス』を観て、忘れてた子どもの頃のワクワク感を思い出す。

  小学生のころ、「スターウォーズ ジェダイの復讐」(今は「ジェダイの帰還」という

記事を読む

no image

009 RE:CYBORG

※ネタバレあり  直接的なネタバレはないけど、ネタバレになる表現があります。 サイボーグ00

記事を読む

プレデターズ

昨夜、仕事帰りにシネコンに行き、そのときのJust in Timeの映画を観た。 それが、本日ご紹

記事を読む

no image

ゼロ・ダーク・サーティ

いきなりですが、これは、2011年5月ビンラディン殺害直後のTIMEの表紙です。 表紙に赤いXマー

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

新元号予想

    ついに今日のお昼前に新元号が発表されます。   せっか

とりあえずのエピローグ

    2019年3月17日夕方 「とびしまハッカソン」終了    

とびしまハッカソン

          まず最初に意識高い皆んなにとってお馴染みのデレク・

セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました。

昨日、セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました

→もっと見る

    • 444239総閲覧数:
    • 1015今日の閲覧数:
    • 2435昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑