*

LINEボット「ずぼらコーデ(リーマン編)」

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 bot, LINE , , ,

 

 

サラリーマンのみなさん!

 

毎日、ネクタイをどうやって選んでますか?

 

私の身の回りの人間に聞くと、

10人中10人が「なんとなく」という回答でした。

 

でも、それだと、自分の気にいった同じ種類のネクタイばっかりになることでしょう。

 

実際に私は10数本ネクタイを持っているのですが、実際には特定の3、4本だけしかつけてないです。

 

 

 

そんなサラリーマンの皆様に朗報です。

 

ネクタイ

そして、シャツ、靴までも

勝手に選んでくれる

LINEのボットのプロトタイプができました。

 

名付けて

「ずぼらコーデ(リーマン編)」

 

 

 

こちらのQRコード

IK1plGQHsX

 または、このボタン

友だち追加

 

 

 

それでは、使い方の説明です。

 

(なお、ここではiPhoneの画面で説明しますので、機種によったら違うかもしれません)

 

 

 

まずは、「登録」ボタン

 01

 

 

左下のキーボードボタン

  02

 

 

 

下からキーボードが出てくる。

プラスボタンを押して、

 03

 

 

カメラで、ネクタイ、シャツ、靴の写真を撮る。

(スマホ内の写真でも可)

 

 

投稿。

 IMG 3418

 

 

「ネクタイですよね?」とのメッセージ

 

 1

 

「はい」を押すと

2

 

 

 

このようにシャツなのにネクタイと判別された場合は、

「違います」

を押せば、直せます。

 

 3

 

 

靴も登録しましょう。

 IMG 3426

 

 

 

さて、登録が済んだら、

いよいよ、コーデネイトをしてもらいましょう。

 

最初の画面に戻るには

下の「メニューボタン」をクリックする。

 

 5

 

 

「コーデネイトしてもらう」を押す。

 04

 

 

 

ほら、

 

今日のコーデネイトを教えてくれます。

 2017 01 29 22 16 56

 

 

 

動画で復習すると。

 

 

 

 

 

毎朝、服装を選ぶのは面倒です。

適当に選んでしまうと、偏ってしまします。

 

 

この「ずぼらコーデ」を使えば、その問題は解決です。

あなたは何も考えなくてもいいです。

今日のコーデネイトは「ずぼらコーデ」がしてくれます。

 

 

 

今後は、

占いからネクタイを選んだり、

私服バージョン、女性バージョン

を作っていきたいと思います。

 

 

これはまだ完成ではありません。

より良いものとしたいので、お褒めの言葉よりも、痛烈なご意見、ご感想をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

みずほ銀行の「LINEでかんたん残高照会サービス」をやってみました。

最近話題の、みずほ銀行の「LINEでかんたん残高照会サービス」をやってみました。

記事を読む

LINE Messaging API の設定方法

    最近、LINEのMessaging APIに凝ってるので、 ここに備忘録として残します。  

記事を読む

素人のオッサンが自分の分身の人工知能「AIたつや」を作るシリーズ(その3:LINE登録)

    IBM BluemixとRuby on Railsで作る人工知能ボットシリーズ第3回目です。

記事を読む

LINE Pay を開設してみた

    遅まきながら、LINE Payなるものをやってみました。   これは、LINE専用の

記事を読む

NASA(アメリカ航空宇宙局)のオープンデータを使ってみた(その1:今日の天文写真をLINEのチャットボットで)

        「NASA Space Apps Challenge」というハッカソンが、4月29

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

とびしま海道をブラタツヤ

  タツヤがブラブラするからブラタツヤ。  (某国営テレビの番組とは関

広島にビットコインが使えるラーメン屋さんがあった

    2017年7月14日の中国新聞にこんな記事があった。    

「ディスコ プログラミングコンテスト@広島」潜入レポート

    2017年7月8日 「ディスコ プログラミングコンテスト@広島

『家族はつらいよ2』を観て、高齢化社会を笑い飛ばせ

    人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。 (チ

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

        「ルビンの壺」という絵がある。     物事は、見方

→もっと見る

    • 209153総閲覧数:
    • 37今日の閲覧数:
    • 235昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑