*

全ての夢追い人への応援歌『ラ・ラ・ランド』

 

 

 Og

 

 

 

惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したけど、あらゆる賞を席巻した話題の映画『ラ・ラ・ランド』を観た。

 

 

まず、オープニングの高速道路でのミュージカルで圧倒される。

今までいろんなミュージカル映画を見たけど、こんなすごいのは初めてだ。

これだけでも元が取れた。

 

そのすごいオープニングから最後まで、スクリーンの隅々までにジャズへの愛、映画への愛が溢れている。

そして、夢に向かって頑張る若者への愛に溢れている。

 

 

 

でも、ストーリーは、ベタベタなボーイミーツガール話。

 

きらびやかなハリウッドが舞台。

オーディションに落ちまくってる女優を夢見る女性と、自分の好きなジャズの店を開くのが夢の男性。

途中で、喧嘩したり、仲直りしたり、挫折したり、成功したり。

 

そんなベタでたわいも無い平凡な話なのに、伏線の張り方や話の展開のうまさで、映画ファンをうならせる。

こんなベタなボーイミーツガールな話をこんなにも面白い映画に仕上げるだなんて、さすが壮絶なジャズ映画「セッション」を作った監督だ。

特にラストの数分間は、「セッション」のように良い意味で「やられた」と唸らされた。

 

 

どんなラストかは映画を観てのお楽しみだけど、

これだけは言える。

 

見終わったら、

切ないけど、

ハッピーになれる。

人に優しくなれる。

 

そして、

明日から頑張ろう。

そんな気持ちになれる。

 

 

夢を持っている人

夢をあきらめない人

夢をあきらめかけてる人

 

そんな人にこの映画をすすめたい。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ゼロ・グラビティ

宇宙飛行士ものの映画で、まず思い出すのが、45年前のキューブリックの「2001年宇宙の旅」です。

記事を読む

「硫黄島からの手紙」にみるリーダーの要件

今日は終戦記念日なので、テレビの洋画劇場で、 クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2014

  今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は17本の映画を劇場で観ました。  

記事を読む

no image

リンカーン

「妥協」「策略」 ときいて、どう感じますか? いいイメージは湧かないですよね。 ネガティブなことばか

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

中国 深センで開催された IoT展示会「China International Internet of Thing Exhibition」レポート

    ITといえばシリコンバレー、IoTといえば深センと言われる昨今

中国のITサービスを体験してみた(その2:自転車シェアリングサービス Mobike )

    中国のスマホ社会は、日本の何歩先も進んでると言われています。

中国のITサービスを体験してみた(その1:スマホ決済 WeChat Pay)

     お盆休みに中国の深センに旅行してきました。 そのついでに、最

「Makers Faire 東京 2017」に参加しました

        2017年8月5日・6日と東京ビッグサイトで開催され

選択するのが面倒な現代人へ 〜僕のチャットボットとアプリを紹介

        消費者は買い物をするとき、選ぶのが面倒だと感じている

→もっと見る

    • 216272総閲覧数:
    • 171今日の閲覧数:
    • 253昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑