*

全ての夢追い人への応援歌『ラ・ラ・ランド』

 

 

 Og

 

 

 

惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したけど、あらゆる賞を席巻した話題の映画『ラ・ラ・ランド』を観た。

 

 

まず、オープニングの高速道路でのミュージカルで圧倒される。

今までいろんなミュージカル映画を見たけど、こんなすごいのは初めてだ。

これだけでも元が取れた。

 

そのすごいオープニングから最後まで、スクリーンの隅々までにジャズへの愛、映画への愛が溢れている。

そして、夢に向かって頑張る若者への愛に溢れている。

 

 

 

でも、ストーリーは、ベタベタなボーイミーツガール話。

 

きらびやかなハリウッドが舞台。

オーディションに落ちまくってる女優を夢見る女性と、自分の好きなジャズの店を開くのが夢の男性。

途中で、喧嘩したり、仲直りしたり、挫折したり、成功したり。

 

そんなベタでたわいも無い平凡な話なのに、伏線の張り方や話の展開のうまさで、映画ファンをうならせる。

こんなベタなボーイミーツガールな話をこんなにも面白い映画に仕上げるだなんて、さすが壮絶なジャズ映画「セッション」を作った監督だ。

特にラストの数分間は、「セッション」のように良い意味で「やられた」と唸らされた。

 

 

どんなラストかは映画を観てのお楽しみだけど、

これだけは言える。

 

見終わったら、

切ないけど、

ハッピーになれる。

人に優しくなれる。

 

そして、

明日から頑張ろう。

そんな気持ちになれる。

 

 

夢を持っている人

夢をあきらめない人

夢をあきらめかけてる人

 

そんな人にこの映画をすすめたい。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ポール・ポッツの半生を描いた映画『ワンチャンス』から、才能を殺さないための大切なことを学ぶ。

        37歳でテレビのオーディション番組出演をキッカケにオペラ歌手デビューしたポー

記事を読む

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観て(ネタバレあり)

  『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観ました。聖地である広島の八丁堀福屋の

記事を読む

no image

JAPAN IN A DAY

運動会シーズンはもう終わりましたが、 運動会の光景を見ればわかるとおり、ビデオカメラは既に一家の必需

記事を読む

イアン・ブラウンとハリーポッター

今、日曜洋画劇場の 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見てる最中ですが、 一瞬、元ストーン・

記事を読む

スター・ウォーズ エピソード1 /ファントム・メナス 3D

昨今の3D映画ブームですが、 ついにいよいよ、あのスターウォーズが、3Dでやってきました! それを記

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひと

50歳になったことを記念して、U2のBONOのように「私の人生とともにあった50曲」を発表します(iTunesの再生回数トップ50)

      最近、50歳になりました。     先日、U2のBONOが

clusterのワールド「バーチャルCamps」を作りました

      先日、広島県のイノベーション創出拠点である「イノベーション

「レッドハッカソン オンライン 2020」に参加しました

  5月23日・24日「レッドハッカソン オンライン 2020」に参加

『リアルアバター集会』に参加しました

  1ヶ月近く前のことですが、 数年後に「あのイベントから始まった」と

→もっと見る

    • 971276総閲覧数:
    • 151今日の閲覧数:
    • 973昨日の閲覧数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑