*

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

公開日: : 映画感想文 , ,

 

 

Main01

 

 

 

 

 

野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載な映画「花戦さ」を観た

 

映画「のぼうの城」の主人公と同一人物のような得体の知れないキャラがぴったりハマってる。

 

 

「池坊」

 

日本人でこの名前を聞いたことがない人はいないでしょう。

生け花のことに全く興味がなくても、必ずやその名を聞いたことあるでしょう。

 

その初代である池坊専好が、天下統一後ダークサイドに突き進む豊臣秀吉に、生け花で戦いを挑むというお話。

 

エンドクレジットから分かるように、池坊グループ全面バックアップの、生け花好きならたまらない映画にちがいない。

生け花のことをさっぱり知らない私でも、映画に登場する生け花の凄さ、素晴らしさは感じとれる。

そして、生け花は、人間の多様性の素晴らしさも気づかしてくれる。

 

 

さて、宣材の通り、コミカルな映画なんだと思うと、後半に一気に暗くなるので要注意。

スターウォーズの「ローグワン」のように、これでもかと主要登場人物が殺されていく。

 

侘び寂びなどようわからん、白か黒か(映画では黒か金か)はっきりさせたい秀吉に対し、多様性を訴える千利休は、最後には秀吉の心を変えることはできず、死罪となる。

その千利休に多様性を教えた池坊専好は、秀吉に「花」で決戦を挑む。

 

クライマックスの池坊専好(野村萬斎)VS 秀吉(市川猿之助)の演技合戦には息をのむ。

狂言 vs 歌舞伎 が生け花を舞台に、日本の伝統芸能のプライドをかけた最上の演技合戦が拝見できる。

 

 

兎にも角にも、

野村萬斎が満載、

最後の痛快さに、万歳で終わる。

 

そんな映画です。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

  ノーベル平和賞のアウンサン・スー・チーさんの激動の半生を映画化した 『The

記事を読む

最強のふたり

このブログでは、いつも難しそうな本の話題ばかり書いてますけど、実は私は結構マンガ好きだったりします。

記事を読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート

(注意)ネタバレあり マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の 「ウルフ・

記事を読む

闇の列車、光の旅

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。 どうすること

記事を読む

ワルキューレ

ヒットラー暗殺計画という実話に基づいた映画。 ナチスも決して一枚岩でなく、ヒットラーを快く思ってい

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その2:武候祠)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その1:グルメ編)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録を

→もっと見る

    • 300685総閲覧数:
    • 93今日の閲覧数:
    • 285昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑