*

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

公開日: : 映画感想文 , ,

 

 

Main01

 

 

 

 

 

野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載な映画「花戦さ」を観た

 

映画「のぼうの城」の主人公と同一人物のような得体の知れないキャラがぴったりハマってる。

 

 

「池坊」

 

日本人でこの名前を聞いたことがない人はいないでしょう。

生け花のことに全く興味がなくても、必ずやその名を聞いたことあるでしょう。

 

その初代である池坊専好が、天下統一後ダークサイドに突き進む豊臣秀吉に、生け花で戦いを挑むというお話。

 

エンドクレジットから分かるように、池坊グループ全面バックアップの、生け花好きならたまらない映画にちがいない。

生け花のことをさっぱり知らない私でも、映画に登場する生け花の凄さ、素晴らしさは感じとれる。

そして、生け花は、人間の多様性の素晴らしさも気づかしてくれる。

 

 

さて、宣材の通り、コミカルな映画なんだと思うと、後半に一気に暗くなるので要注意。

スターウォーズの「ローグワン」のように、これでもかと主要登場人物が殺されていく。

 

侘び寂びなどようわからん、白か黒か(映画では黒か金か)はっきりさせたい秀吉に対し、多様性を訴える千利休は、最後には秀吉の心を変えることはできず、死罪となる。

その千利休に多様性を教えた池坊専好は、秀吉に「花」で決戦を挑む。

 

クライマックスの池坊専好(野村萬斎)VS 秀吉(市川猿之助)の演技合戦には息をのむ。

狂言 vs 歌舞伎 が生け花を舞台に、日本の伝統芸能のプライドをかけた最上の演技合戦が拝見できる。

 

 

兎にも角にも、

野村萬斎が満載、

最後の痛快さに、万歳で終わる。

 

そんな映画です。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ソーシャル・ネットワーク

年間アクセス数でグーグルを抜いたり、MYSPACEを危機に陥れたり、ゴールドマンサックスから出資を受

記事を読む

テレビに簡単に支配されてる私たちが人工知能に勝てるわけがない。~映画「エクス・マキナ」を見て(ネタばれ注意)

          「ググれカス」という言葉がある。 ネット上でくだらない質問をした

記事を読む

映画『スリー・ビルボード』を観て

    池に石を投げると、波紋が広がるように、 行動を起こせば、何かが起こる。 誰かに会えば、何かが

記事を読む

ゼロ・グラビティ

宇宙飛行士ものの映画で、まず思い出すのが、45年前のキューブリックの「2001年宇宙の旅」です。

記事を読む

映画「シン・ゴジラ」は「プロジェクトX」だった

        「エヴァンゲリオン」の庵野 秀明が監督するという興味から「シン・ゴジラ」を観ました。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観て

          今年のアカデミー賞作品賞を受賞した 「シェイプ・

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウ

→もっと見る

    • 282782総閲覧数:
    • 145今日の閲覧数:
    • 209昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑