*

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

公開日: : 映画感想文 , ,

 

 

Main01

 

 

 

 

 

野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載な映画「花戦さ」を観た

 

映画「のぼうの城」の主人公と同一人物のような得体の知れないキャラがぴったりハマってる。

 

 

「池坊」

 

日本人でこの名前を聞いたことがない人はいないでしょう。

生け花のことに全く興味がなくても、必ずやその名を聞いたことあるでしょう。

 

その初代である池坊専好が、天下統一後ダークサイドに突き進む豊臣秀吉に、生け花で戦いを挑むというお話。

 

エンドクレジットから分かるように、池坊グループ全面バックアップの、生け花好きならたまらない映画にちがいない。

生け花のことをさっぱり知らない私でも、映画に登場する生け花の凄さ、素晴らしさは感じとれる。

そして、生け花は、人間の多様性の素晴らしさも気づかしてくれる。

 

 

さて、宣材の通り、コミカルな映画なんだと思うと、後半に一気に暗くなるので要注意。

スターウォーズの「ローグワン」のように、これでもかと主要登場人物が殺されていく。

 

侘び寂びなどようわからん、白か黒か(映画では黒か金か)はっきりさせたい秀吉に対し、多様性を訴える千利休は、最後には秀吉の心を変えることはできず、死罪となる。

その千利休に多様性を教えた池坊専好は、秀吉に「花」で決戦を挑む。

 

クライマックスの池坊専好(野村萬斎)VS 秀吉(市川猿之助)の演技合戦には息をのむ。

狂言 vs 歌舞伎 が生け花を舞台に、日本の伝統芸能のプライドをかけた最上の演技合戦が拝見できる。

 

 

兎にも角にも、

野村萬斎が満載、

最後の痛快さに、万歳で終わる。

 

そんな映画です。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

009 RE:CYBORG

※ネタバレあり  直接的なネタバレはないけど、ネタバレになる表現があります。 サイボーグ00

記事を読む

no image

愛、アムール

昨年のカンヌのパルムドール受賞作品、今年の米アカデミー賞外国語映画賞の 「愛、アムール」 を観ました

記事を読む

no image

ブラック・スワン(映画)

圧巻! 言葉が出ない。 ナタリー・ポートマンの凄まじい演技に圧倒される。 ここまで鬼気迫る演技をする

記事を読む

ゼロ・グラビティ

宇宙飛行士ものの映画で、まず思い出すのが、45年前のキューブリックの「2001年宇宙の旅」です。

記事を読む

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映している映画を検索。   「ガンジス

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 354838総閲覧数:
    • 241今日の閲覧数:
    • 309昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑