*

「Maker Faire 台北」に出展しました(その3:純ドメな48歳オッサンが英語でプレゼン)

公開日: : 最終更新日:2018/11/23 Maker Faire, 英語学習 , , , , ,

 

その2からの続き

 

 

 

僕は、40歳まで自分には英語なんて一生縁がないと思っていた。

 

それが、48歳の今、MakerFaire台北で英語のプレゼンを控えている。

 

IMG 5561

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、1年くらい前にこのブログを読んだ。

海外で登壇するという可能性もあるのかと、目から鱗で、いつか僕も海外で登壇したいと思った。

 

同時期に、LINE(現ZOZO)の田端さんのnoteにも刺激を受けた。

 

 

僕はオッサンのくせにとても意識が高く、ブログで「人生でやりたいことリスト」ってのを公開している。

この時、

「178番 海外で登壇する」って追加した。

 

 

だから、Maker Faire 台北の申し込みの時、

この質問に、

 

 PresenApply

 

 

躊躇なく申し込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンまであと10分。 

 

初めての外国での英語のプレゼンを前にしているのに、

不思議とリラックスしている自分がいた。

 

プレゼンといっても、大ホールでたくさんの聴衆を前にするようなものではなく、MakerFaireの出展ブースとは区切られていないオープンなスペースに、30人くらいの席があるだけ。

 

IMG 5447

 

 

売れない演歌歌手、売れない地下アイドルのように、10人いるかいないか。

前夜祭で知り合った日本人と台湾人が数人いたので、心強い。

 

ただ、この会場の大きさを知ったのは、つい最近。

プレゼンの申し込みをした時は、こんな小さいのは想定してなかった。

我ながら豪胆だったと思うが、これくらいなら何とかなると逆にホッとした自分もいた。

 

 

 

 

さて、始まった。

 

タイトルは、

It is never too late no matter how old you start making something

 

僕の経験から何歳からでもMakerになれるってことを話した。

 

詳しくは、スピーチのスクリプトを英語版のブログに掲載したので、こちらのリンクをご参照。

https://tatsuya1970.blogspot.com/2018/11/it-is-never-too-late-no-matter-how-old.html

 

IMG 5563

 

 

2011年から2013年に、世界的なパブリックスピーチのクラブ「トーストマスターズ」の一員で英語スピーチに触れたことがある。トーストマスターズでのスピーチは5分から10分くらいと短時間だが、その経験は、初めての外国での30分の英語スピーチでも僕を落ち着かせてくれた。

 

IMG 5579

 

 

 

 

 

 

話していくうちに、徐々に聴衆が増えて来た。

 

IMG 5570

 

 

特に僕のプレゼンを目的にきたわけでなく、他のブースを訪れたついでに立ち止まって見てくれてる人だろう。

 

IMG 5572

 

でも嬉しい。

緊張感はなく、もっともっと増えてくれと楽しんでいる自分がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に終わった。

 

特に質問もなく、終わった。

 

本当に僕の英語が聞き取れたのだろうかとも思ったが、応援に来てくれた日本人、台湾人に良かったって言ってもらえた。

TEDみたいなプレゼンに勇気をもらえたって言われた日には、天狗になりそうだった。

 

 

 

 

申し込みしてから、ずっと、やっぱり辞めようとか何度も何度も悩んでたのが、嘘のようにスッキリした。

 

やりきった感があった。

自分の中で、何か別のステージに上がったかのような感覚に陥った。

見える景色が違って見えるような気がした。

 

 

 

 

 

 

そして、ここに来るまでの歩みを思い出していた。

 

 

僕は、40歳まで自分には英語なんて一生縁がないと思っていた。

留学したい。海外赴任したい。

って口だけいうけど、夢見る夢子ちゃんで、何も行動しないクズだった。

 

そんな僕が、40歳でこのブログに出会った。

 

 

これは、現在サウスピークという語学学校を経営されているはるじぇーさんのブログ。

この当時は一般企業のサラリーマンで、このブログがキッカケで、ディスカバリーワンから本を出版し、独立された。

 

このブログがキッカケで必死で英語を勉強し、約1年でTOEICのスコアを、455点から730点にあげた。

その時の勉強法は、トゥゲッターにまとめ、8万ものアクセスのある人気記事となった。

 

https://togetter.com/li/226061

 

その後、785点まであげた。

 

このようにTOEIC700点は誰でも取れる。

40歳超えても取れる。

それを僕は証明した。

 

はるじぇーさんには凄く感謝しています。

キッカケを与えてくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

その後、TOEICのスコアを追求するのはやめて、次の段階に行きたいと思いつつも、仕事では英語なんか必要ないので、そのままになっていた。

 

 

 

そんな中でのMakerFaire台北。

躊躇せずプレゼンに申し込んだ。

 

 

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

日本語って難しい。外国人が日本語を英語に訳してみたら。(実話)

    ちょっと前のブログでお伝えましたが、 2016年4月6日に、私のKindle本「44歳中年サ

記事を読む

no image

トーストマスターズで英語スピーチ

私は1年前からトーストマスターズという団体に所属してます。 トーストマスターズとは? 以下Wikip

記事を読む

no image

37歳でTOEICテスト405点だった主婦が4ヶ月で610点に至るまで

今回は私の妻のお話です。 37年間、学校での授業以外まったく英語と関わり無く生きてきました。 そんな

記事を読む

「Maker Faire 台北」に出展しました(その1:前日まで)

      11月上旬の週末、Makerfaire台北に出展しました。 https://taipei

記事を読む

「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

8月4日、5日 昨年に続き、今年も東京ビッグサイトで開催された「Maker Faire 東京」

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343784総閲覧数:
    • 53今日の閲覧数:
    • 162昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑