*

clusterのワールド「バーチャルCamps」を作りました

公開日: : cluster, Unity , ,

 

 

 

先日、広島県のイノベーション創出拠点である「イノベーション・ハブ・ひろしまCamps」のバーチャル版(clusterのワールド)を作りました。(一応公認です)

 

83290089 3064068773641636 1558680838833862592 o  1

 

 

こちらのリンク先から入場できます。

 

 

 

実物との対比

左側:実際のCamps、 右側:バーチャルCamps

※左側の写真はCampsのHPより

 

 

Slide3  4

 Slide3  1

 

Slide3  2

 

 

 

経緯

 

2020年2月下旬頃、世界中で猛威をふるっていた新型コロナ感染症が日本にも押し寄せてきて、多くのイベントが中止に追いこまれました。もちろんCampsも同様で、リアルイベントが全て中止になりました。

そこで、CampsのイベントをバーチャルでしたらどうかとCampsのコーディネーターの方に提案したのが始まりでした。

その後、5月になって正式にバーチャルイベントを6月27日に開催することが決定しました。

 

当初は、以下のCampsのHPの写真のように、すでに3Dモデルがあるようなので、これを使えるんじゃないかと安易に考えてました。

 Sketch

 

 

しかし、この画像は3Dモデルはなくて2Dのデータということが分かり、自分たちで作らないといけない状況になりました。

 

私はバーチャル空間を作ったことはないですが、すでに私の知人でお二人ほどclusterのバーチャル空間であるワールドを作って公開されている方がおられましたので、なんとかなるだろうというイメージはありました。

 

 

(ご参考)以下のお二人 

 

GMOペパボ バーチャルオフィス (tichiseさん作)

バーチャル JAIST (yumu19さん作)

 

 

 

人間は天才でない限り自分が見聞したこと以上のことをイメージすることはできないです。 私がバーチャル空間を作ろうと思ったのも、新しいことをチャレンジされている方々を日常的に見ていたおかげです。

 

 

 

それからは、なんとかなるというの気持ちと締め切りギリギリにならないと動かない悪いクセからか、そのまま何もせずに時間は過ぎていきました。その私が無為な時間を過ごしている間にCampsの関係者の息子さんがマインクラフトでバーチャルCampsを作ったという知らせをききました。

Minecraft

 

おお、これは素晴らしい。

これをバーチャルCampsにしたらいい。

 

と思いましたが、よく聞くと、これは任天堂switchで作られたもので、clusterのバーチャル空間のデータ形式とは互換性がないものでした。

データ変換は、できないことはないらしいのですが、私がswitchを持ってないこと、ネット上の情報が乏しかったこと、自分で作った方が早いこと等から、これは断念し、私が作ることにしました。 

Camps関係者の息子さんが作ったバーチャル空間という方がストーリー性があってベストなのですが、残念でした。

これで終わりというわけでは無いので、いつかclusterに移植していただきたいものです。バーチャルCampsは1つだけじゃないといけないわけではないですから。

 

 

 

ワールド製作

 

さて、今まで何とかなると思っていましたが、いざ自分が作ることになると、本当にCampsを再現できるだろうか?と不安になってきました。

 

悩んでもしょうがないので、clusterのワールドの作り方を見ながら、とりあえず手を動かします。

 

 

 

だれでもここに書いてあるとおりやれば、clusterのワールドを作ることができます。プログラミングは不要です。

 

 

とりあえず、手を動かしはじめて10分くらいの適当に机や椅子などを配置した画面。

1st

 

なんとかなりそうな気がしてきました。

 

そのまま、図面など見ず、感性の赴くまま手を動かしていくと、現実を完全に再現しなくても、Campsっぽくなることに気がつきました。

 

「完全に再現する」というマインドを排除できてからは、一気に手の動きが進みました。

 

机や椅子などの形は同じでなくてもいいと割り切り、それに近い形状のアセットをどんどん配置していきました。

まったくモデリングはしていません。

(というのは言い訳で、モデリングする技術がないだけですが・・・)

 

 

 

ただ、Campsらしさを失わないように、ポイントは押さえたつもりです。

 

私が思うCampsらしさの1番の象徴は「本棚」です。

本棚をモデリングするのは面倒です。

それに、Unityのアセットストアやフリー3Dモデルのサイトで探してもイメージにあう本棚のモデルは見つかりません。

 

そこで

「実物の写真を壁に貼ればいいじゃん」

という発想が降りてきました。

 

この写真を

103639612 863453407485888 6377160894891456844 n

 

壁に貼り付けました。

43449e57 4d52 472d bcef 028be484d673

 

417af2a8 4a3e 4e5c b6be 194c0fcae45c

 

 

FABエリアにある3Dプリンター、レーザー加工機も写真貼り付け作戦で、モデリングせずにそれっぽく見えることに成功しました。

83379859 3103471989701314 3155192213973026545 n

 

ポスターも画像をそのまま貼り付けました。

104304645 3064068740308306 7238996408158816877 o

 

 

あと、Campsらしさといえば、絨毯です。

アセットストアにあるものを配置しました。

Jyutan

 

 

これ以外は、大胆にデフォルメしました。

 

今回の目的は、Campsの完全コピーではなく、Campsのイベントを開催することなので、イベントを快適にできることに主眼を置きました。

後ろの人でも快適にスクリーンが見れるよう、現実ではありえないほど巨大にし、高い位置に設置、2スクリーンにしました。

 

会場の広さも現実よりやや広くし、開放感あふれるように天井はとっぱらいました。

(本当は、照明が面倒くさそう、天井のデザインが難しそうだからというのは、ここだけの話・・・)

 

4df02776 af02 4d99 b6f3 2275c778a249

 

 

ある程度できたら、clusterにアップロードします。

clusterのワールドのアップロードは結構時間がかかります。

バーチャルCampsは約2時間かかりました。

 

最初アップロードしたときは2時間経過したときに、以下のような謎のエラーがでて、焦りました。

 

 Error00

 

Error01

 

 

カスタマーサポートに聞くと、ネットワーク関連のエラーということでした。

Windowsのセキュリティやセキュリティソフトを緩く設定したら、clusterへのアップロードが通りました。

 

 

 

 

 

 

イベント

 

イベントの日を迎えました。 

 

このconnpassのイベント募集ページだけ見ると参加者10人だけに見えますが、実際はcamps会員へのメールなどによる参加者が多く、最高40人くらい参加されてました。

 

せっかくなので、ビールなど飲み物も用意しました。

105654353 3080524808662699 2873029087308428398 o

 

掴んで、乾杯もできます。

104799113 3080524815329365 789161938976969228 o

 

104967528 3080524868662693 1681467039065306394 o

 

 

このページを見て掴むアイテムを実装しました。

 

 

 

以下、イベントの様子の写真です。

私を含む6名の方々により、自身の活動をプレゼンする内容でした。

 

 

受付

105478025 3081179021930611 232042912770304936 o

 

Campsのコーディネータの方の司会で開始!

105455586 3081179605263886 8194994317840933703 o

 

105277672 3081177471930766 826877418849141377 o

 

プレゼンが続きます。

106106721 3081176695264177 2201954365359087770 o

 

105952550 3081174815264365 6058761664138339040 o

 

73064366 3081172455264601 3077677251665256171 o

 

最後に記念撮影105416088 3081172175264629 5687107467910915967 o

 

105809938 3081171071931406 560924885727427291 o

 

75603986 3081171658598014 4370353003458289095 o

 

 

自分が作ったバーチャル空間にたくさんの人が集まってくれてイベントを開催できるなんて、とても感慨深かったです。

 

 

繰り返しますが、ワールドを作るのに、プログラミングは不要です。誰でも作れます。皆さん是非チャレンジしてみましょう。

 

 

 

今後

 

以下のようなアップデートを考えてます。

 

・屋根をつける

・夜バージョン

・パーティクル

・トリガーを使う

・ゲーム要素

 

 

その他ご要望などあれば、TwitterのDMにてお知らせください。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

PS. 

いろいろな方が遊びにきてくれてます。

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

みなさんも、ぜひ遊びにきてください。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

【iPhoneアプリ開発備忘録】 UnityからiPhoneに転送後、BGMや効果音が出なくなった時の解決策

      Unityで作ったゲームをiPhone実機に転送した時、BGMや効果音が出なくてハマりま

記事を読む

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 2018 に出展したIoTクソゲー

記事を読む

「オープンソースヒューマノイドロボットPLENをハックしよう!」というイベントに行ってきました

    先週の土曜日(9月10日)に   広島の紙屋町で行われた 「オープンソースヒューマノイドロボ

記事を読む

43歳の素人プログラマーのオッサンがUnityでゲームを作ってみた(第2弾:キーパンチシューティングゲーム「ALPHABET BOMBER 3D」)

Unityという開発ツールを使って、クソゲーを作るシリーズ第2弾です。 ちなみに、クソゲー第1弾は

記事を読む

第10弾 iPhoneアプリ『チョコとパラボの「ねこたま」』AppStoreに公開

    記念すべき10作目となるiPhoneアプリを公開しました。   今回は、ウチで飼ってるネコが

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】ZoomでPCの音を共有する方法

個人的備忘録です。 Zoom  で、動画を共有したときの音声を共有の

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

→もっと見る

    • 1040807総閲覧数:
    • 139今日の閲覧数:
    • 512昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑