*

『世界ハッカースペースガイド』を読んで

公開日: : 最終更新日:2018/02/02 Tech,

 

 

仮想通貨取引所コインチェックが、ハッカーによって、たくさんの仮想通貨を盗まれたと、連日の大ニュースだ。

 

こんな感じで、いまだにハッカーという単語は一般的にはあまり良い意味には使われない。

 

Wikipediaでは、

ハッカー (hacker) とは主にコンピュータや電気回路一般について常人より深い技術的知識を持ち、その知識を利用して技術的な課題をクリアする人々のこと。また、コンピュータの「内側」を覗く人としても使用され、この内側を覗く行為が破壊行為あるいは不正アクセスを伴う場合は、ハッカーではなくクラッカーと言い換える事が提案されている。

 

コインチェックから大量の仮想通貨を盗んだ人間は、ハッカーではなくクラッカーと呼ぶべきかもしれない。

 

とはいえ、IT系の人間の間では、ハッカーとは、とてもクールなイメージで使われることが多い。(あくまでも私の肌感覚)

 

ちなみに、私の中で、ハッカーといえば、

「攻殻機動隊」の草薙素子、「ドラゴンタトゥーの女」のリスベット・サランデル、「マトリックス」のトリニティとか、

クールビューティなイメージだなあ。(そんなハッカー絶対いない)

 

 

 

 

 

 

小室哲哉が、不倫騒動で引退した。

どうでもいいことだけど、こんなワイドショーを好む人間とは、まったく話が合わない。

 

他人のどうでもいいゴシップに興味を持つ人、

誰かが作ったものをただ消費するだけの人、

同じ日本人だからと言って、そんな人たちとは話が合わないし、合わせようとも思わない。

それよりも、国、人種は違っても、同じ感性、趣味を持っている人の方が話があうはずだ。

国家を超えた個人の時代では、国家や民族で一人の人間を縛ることなど、意味がない。

 

最近の仮想通貨の盛り上がりは、非中央集権社会への始まりのゴングが鳴ったにすぎない。

世界は、ナショナリズムに向かう勢力がある一方で、個人の時代にも向かってる。

特にビットの世界はそれが顕著だ。コードが共通言語になる。

実際、UpWorkなどのクラウドソーシングしてみると痛烈に感じる。

 

 

インターネット以前は

「独自の趣味を持ったコミュ障のオタクであること」

は、とても大変なことだった。

周囲の理解を得ずに孤立していただろう。

無理に周囲に合わそうとしてノイローゼになっていただろう。

 

しかし、インターネットでいつでもどこでも世界中とつながる現在、もうそんな心配はしなくてもいいかもしれない。

地球上には70億人もの人間がいる。

「独自の趣味を持ったコミュ障のオタクであること」

は希少価値であり、大きなアドバンテージになるかもしれない。

世界中の誰かがその知識を知りたがってる、会いたがってるはずだ。

 

 

とはいえ、どこにそんな人間がいるんだ。

 

この本がガイドブックになるはずだ。

ハッカーにとっての「地球の歩き方」

 

 

 

とても画期的な本だ。

類書は見たことがない。

著者が自らの足で目で耳で調べ上げた世界中のハッカースペースが紹介されている。

アメリカ、フランス、デンマーク、シンガポール、タイ、台湾、中国。。。

 

 

私たちは子供の頃、地球儀を見てまだ見ぬ世界に想像を膨らませた。

スティーブ・ジョブズは、The Whole Earth Catalogを読んでワクワクした。

1度でもモノづくりをしたことある人ならば、世界中のハッカーが集まる場所を記したこの本に、ワクワクするはずだ。

 

 

そういう私は、テクノロジーは大好きだが、ハッカーではない。

一応クソみたいなアプリを全世界に向けて公開しているが、ハッカーというのはおこがましいほど低スキルで、まだまだハッカーに憧れてるただのオッサンだ。

 

 

でも、いつかは世界中のハッカースペースを転々とする本当のハッカーになりたいと強く思う。

 

 

 

ハッカーは旅をする。

より豊かになるために。

(本書、前書きより)

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

TatsuyaのベストBOOK 2013

年末恒例のTatsuyaの今年を振り返る自己満足シリーズ第2弾。 今回は、 もともと書評ブログのつも

記事を読む

no image

不要な本を寄付して途上国に図書館を

突然質問です。 Q:不要な本はどうしてますか? A:ブックオフに売る 普通はそうしますよね。 でも

記事を読む

海外旅行中に便利だったアプリ

          せっかくなので、この間のインド旅行でよく使ったアプリを紹介します。     ホー

記事を読む

no image

竜馬がゆく (四)

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」をNHK大河ドラマ「龍馬伝」の進行に合わせて紹介するシリーズ。 と言いな

記事を読む

幸せな未来は「ゲーム」が創る

ゲームが世界を変える なんて、言ったらバカかと思われることでしょう。 私が小学生の頃

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「Maker Faire 台北」に出展しました(その2:当日の様子、STEM教育)

  その1からの続き。     MakerFaireの朝が来た。  

「Maker Faire 台北」に出展しました(その1:前日まで)

      11月上旬の週末、Makerfaire台北に出展しました。

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

→もっと見る

    • 336889総閲覧数:
    • 474今日の閲覧数:
    • 161昨日の閲覧数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑