*

映画『イエスタデイ』を観て(ネタばれあり)

 

広島の中心部のど真ん中、八丁堀に「イエスタデイ」という喫茶店がある。店内にはビートルズのメンバーの写真が飾られ、もちろんBGMはビートルズばかり。今から30年くらい前、僕は大学生の頃、よく通った。

今や令和の時代だというのに、30年前と変わってない。昭和のジャズ喫茶のような雰囲気を醸し出している。

 

映画『イエスタデイ』を観て、そんなことを思い出した。

 

あるときを境になぜか、この世はビートルズが存在しない世界になった。

なぜか売れないアーティストだった主人公だけがビートルズを知っている。

主人公がビートルズの「イエスタデイ」を演奏したときから人生が変わった。世界中から天才だと賞賛され、大スターに上り詰める。


そんな映画だ。


今の知識のままタイムスリップとか、子供時代に戻るとかという設定は使い古されているけれど、自分だけその存在を知っているパラレルワールド的発想というのは、単純だけど面白い。


一貫して、音楽への愛のあふれたコメディタッチですすむ。
さまざまな小ネタも音楽ファンには楽しい。
・僕が64歳になってもと冗談を言うと、なんで64歳なのって言われた。

・ビートルズがいないから当然オアシスもいない。

・現在のイギリスNo1アーティストといえるエド・シーランを本人役で登場させ、エド・シーランをもって最高のアーティストだと言わしめさせる

など、音楽ファンにとってニヤリとする場面の連続だ。


ビートルズというバンドが存在しない世界だけど、メンバーは存在してる。そんなすてきなサプライズも用意されている。

 

幸福な時間が流れるなかに、主人公の最後の決断もスカッとする。

観た後は、とてもハッピーな気持ちになれる。

 

 

 

久しぶりに「イエスタデイ」でお茶をしようかな。

 

 
 
 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画「シン・ゴジラ」は「プロジェクトX」だった

        「エヴァンゲリオン」の庵野 秀明が監督するという興味から「シン・ゴジラ」を観ました。

記事を読む

闇の列車、光の旅

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。 どうすること

記事を読む

Tatsuyaの2017年ベスト映画

          今年を振り返る自己満足企画第2弾。       今度は映画編です。     今年

記事を読む

no image

のぼうの城

(注意)ネタバレあり 私たちの多くは判官贔屓だと思う。 源義経、真田幸村、坂の上の雲、漢の劉邦 フィ

記事を読む

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観て

  「理力」   僕がはじめてスターウォーズに触れたのは、小学生低学

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 828420総閲覧数:
    • 396今日の閲覧数:
    • 935昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑