*

第9地区

公開日: : 映画感想文

いやー、すごい映画だった。
映画の始まりから終わりまで、息をつかせぬとはこのこと。
多少グロいシーン、残酷なシーンあるが、演出上やむをないし、許容範囲。
話の流れは古典的な「逃亡者もの」なんだけど、
なんといっても、シチュエーションに心引かれる。
「ヨハネスブルグの上空に突如現れた何十万ものエイリアンの難民」
これを聞いただけでで観にいくこと決定。
だって、NYでもロスでもなく、ヨハネスブルグですよ。


このリアル感は何だろう。
めちゃくちゃリアル。
決してキレイでないざらついた映像のおかげか?
本当のドキュメンタリーのようなカットをふんだんに取り入れているからか?
無名な役者ばかりだからか?
ヨハネスブルグという馴染みの薄いところだからか?
安っぽいヒューマニズムが無いからか?
まあ、そんなことはどうでもいい。
ヨハネスブルグに行った事もないし、エイリアンを見たこともないけど、すごくリアルなんだから。

もう少し、この映画について。
超娯楽作なんだが、ひねりのきいた社会派映画でもある。
傭兵、民兵、ナイジェリアマフィアなど、現代のアフリカの暗部も垣間見れるし、なんといってもアパルトヘイトをパロった点が注目の理由。
この映画のエイリアンを黒人に置き換えればその意味は分かるだろう。
醜くくて、気持ち悪いエイリアン、惨殺しても、人体実験しても、多分観客のほとんどは大して心を痛まない。
人間は、異質な者を排除する。
悲しいことに、それを責めることはできない。
私だって、あなただって、近所にエイリアンがいたら、きっとそうするはずだから。
この映画を観て、どうも居心地の悪さを感じる理由は、こういった自分の薄っぺらい良心、偽善な面に訴えかけるからかもしれない。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ドラゴン・タトゥーの女

『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィット・フィンチャー監督が、 全世界6500万部のベストセラー『ミ

記事を読む

「アナと雪の女王」を観て思う ありのままに生きることの大切さと責任の重さ、そして真実の愛

    (ネタバレ注意) 世界中で大ヒットの『アナと雪の女王』を観ました。

記事を読む

肩肘はらずにユルく生きてもいいじゃん 〜映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を観て

          どんなに趣味がない人間といえども、好きな曲の1曲は必ずあると思う。 好きな曲を何

記事を読む

全ての夢追い人への応援歌『ラ・ラ・ランド』

            惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したけど、あらゆる賞を席巻した話題の映画『ラ・

記事を読む

最初の一歩を踏み出せないあなたへ 〜映画『モアナと伝説の海』を観て

  こんな田舎から早く出たい。 こんな境遇から早く抜け出したい。   しかし、そんなことを思う人に限

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343337総閲覧数:
    • 61今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑