*

第9地区

公開日: : 映画感想文

いやー、すごい映画だった。
映画の始まりから終わりまで、息をつかせぬとはこのこと。
多少グロいシーン、残酷なシーンあるが、演出上やむをないし、許容範囲。
話の流れは古典的な「逃亡者もの」なんだけど、
なんといっても、シチュエーションに心引かれる。
「ヨハネスブルグの上空に突如現れた何十万ものエイリアンの難民」
これを聞いただけでで観にいくこと決定。
だって、NYでもロスでもなく、ヨハネスブルグですよ。


このリアル感は何だろう。
めちゃくちゃリアル。
決してキレイでないざらついた映像のおかげか?
本当のドキュメンタリーのようなカットをふんだんに取り入れているからか?
無名な役者ばかりだからか?
ヨハネスブルグという馴染みの薄いところだからか?
安っぽいヒューマニズムが無いからか?
まあ、そんなことはどうでもいい。
ヨハネスブルグに行った事もないし、エイリアンを見たこともないけど、すごくリアルなんだから。

もう少し、この映画について。
超娯楽作なんだが、ひねりのきいた社会派映画でもある。
傭兵、民兵、ナイジェリアマフィアなど、現代のアフリカの暗部も垣間見れるし、なんといってもアパルトヘイトをパロった点が注目の理由。
この映画のエイリアンを黒人に置き換えればその意味は分かるだろう。
醜くくて、気持ち悪いエイリアン、惨殺しても、人体実験しても、多分観客のほとんどは大して心を痛まない。
人間は、異質な者を排除する。
悲しいことに、それを責めることはできない。
私だって、あなただって、近所にエイリアンがいたら、きっとそうするはずだから。
この映画を観て、どうも居心地の悪さを感じる理由は、こういった自分の薄っぺらい良心、偽善な面に訴えかけるからかもしれない。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

        「ルビンの壺」という絵がある。     物事は、見方によって、全く別物に見えるとい

記事を読む

『君の名は。』を観て。 

          『君の名は。』が空前の大ヒットを飛ばしています。   高校生の男女の入れ替わりの

記事を読む

Do the Right Thing とFight the Power

今日でロス暴動から20年。 ロス暴動で思い出すのがスパイク・リー監督の「Do The Right

記事を読む

映画『百円の恋』を観て思う。負けたのは戦ったから。

    終わったのは始まったから 負けたのは戦ってたから 別れたのは出会えたから   ~クリープ

記事を読む

90年代最強のロックバンドのドキュメンタリー映画「オアシス:スーパーソニック」を観て、ロックンロールについて思いつくままに書いた。

        1964年、ビートルズが「抱きしめたい」で初めて全米チャート1位となった。 それから

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 330128総閲覧数:
    • 88今日の閲覧数:
    • 245昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑