*

第9地区

公開日: : 映画感想文

いやー、すごい映画だった。
映画の始まりから終わりまで、息をつかせぬとはこのこと。
多少グロいシーン、残酷なシーンあるが、演出上やむをないし、許容範囲。
話の流れは古典的な「逃亡者もの」なんだけど、
なんといっても、シチュエーションに心引かれる。
「ヨハネスブルグの上空に突如現れた何十万ものエイリアンの難民」
これを聞いただけでで観にいくこと決定。
だって、NYでもロスでもなく、ヨハネスブルグですよ。


このリアル感は何だろう。
めちゃくちゃリアル。
決してキレイでないざらついた映像のおかげか?
本当のドキュメンタリーのようなカットをふんだんに取り入れているからか?
無名な役者ばかりだからか?
ヨハネスブルグという馴染みの薄いところだからか?
安っぽいヒューマニズムが無いからか?
まあ、そんなことはどうでもいい。
ヨハネスブルグに行った事もないし、エイリアンを見たこともないけど、すごくリアルなんだから。

もう少し、この映画について。
超娯楽作なんだが、ひねりのきいた社会派映画でもある。
傭兵、民兵、ナイジェリアマフィアなど、現代のアフリカの暗部も垣間見れるし、なんといってもアパルトヘイトをパロった点が注目の理由。
この映画のエイリアンを黒人に置き換えればその意味は分かるだろう。
醜くくて、気持ち悪いエイリアン、惨殺しても、人体実験しても、多分観客のほとんどは大して心を痛まない。
人間は、異質な者を排除する。
悲しいことに、それを責めることはできない。
私だって、あなただって、近所にエイリアンがいたら、きっとそうするはずだから。
この映画を観て、どうも居心地の悪さを感じる理由は、こういった自分の薄っぺらい良心、偽善な面に訴えかけるからかもしれない。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくある。 普通のサラリーマンにして

記事を読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

30代・40代の人には懐かしい。 まさか、あのTVシリーズがスクリーンに甦るなんてね。 ネタ切れ

記事を読む

no image

ヒックとドラゴン

「周りと違うSTRANGEな少年が、動物との冒険とともに成長していく物語」 というハリウッド娯楽映画

記事を読む

no image

クリスマス・キャロル

ディズニー、アニメ、クリスマスと聞いて、 子供向き映画だと思う人がほとんどだと思う。 だが、しかし、

記事を読む

ソーシャル・ネットワーク

年間アクセス数でグーグルを抜いたり、MYSPACEを危機に陥れたり、ゴールドマンサックスから出資を受

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

お勉強がてらブロックチェーンについてワンペーパーでまとめてみた

    最近、職場でデジタルに詳しいと勘違いされているTatsuyaで

【備忘録メモ】TensorFlow実行環境構築(Win10)

自分用メモとして、TensorFlowの実行環境の構築手順を残す。  

【備忘録メモ】深圳SiPEED社のAIoT開発ボードMAiX BiTの顔検出のデモを試してみた(Mac)

    昨日妻が東京に旅行に行ったとき、秋葉原のShigezoneと

G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデアソンに参加

    先週6月2日、G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデ

山形をブラタツヤ

  5月下旬に山形に行ってきました。 人生初山形!!        

→もっと見る

    • 559590総閲覧数:
    • 33今日の閲覧数:
    • 1197昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑