*

リーン・スタートアップ

公開日: :

私はベンチャー企業の成功物語が好きだ。
スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、本田宗一郎、ジェフ・ベゾスなどなど
そこに述べられる物語の多くは、成功には、
アイデア、夢、情熱、才能、不屈の努力
が必要だと書かれている。
確かにベンチャー企業、とくにスタートアップにおいては、それが一番重要かのようにみえるが、それだとあまりも抽象的すぎるし、よく分からないけど、なんだか分かったような気になる。
ああ、自分には不可能だな、ということが。
みんなが、ジョブズやゲイツのような天賦の才を持ってるわけではない。
ベンチャー企業の経営は、才能とか偶然とかいう不確実なもので片付けるにはあまりにもリスキーすぎる。(だからベンチャーというのだけど)
そうはいっても、科学的な経営手法はないのか。
その回答の1つがこの本にあった。
この本では、トヨタ生産方式を源流とした「リーン生産方式」こそがベンチャー企業の経営に最適なのだと述べる。
名付けて
「リーン・スタートアップ」


私は恥ずかしながら、リーン生産方式について、知ってるようでよく知らない。
本書から引用すると、
リーン生産方式の具体的なやり方は
個々人が持つ個人的な知識や創造性の活用、バッチサイズの縮小、ジャストインタイムの製造、在庫管理、サイクルタイムの短縮などがあげられる。

たとえばバッチサイズの縮小についてだが、
100枚の手紙を2人で封筒につめる作業を例にするとよく分かる。
これには2通りの方法がある。
100枚の手紙を折る人と宛名シールを貼る人にわけ、最後にまとめて封入する方法と、
2人とも1枚1枚1人が手紙を折って宛名シールを貼って封入するという方法
どっちが、早く作業が終わるだろうか?
私もそうだったが、この質問には多くの人が間違える。
早く作業が終わるのは、後者なのだ。
それに前者では途中での大幅な変更は困難だが、後者では柔軟に対応できる。
重大な問題があっても後者の方が痛手は少ない。

このように、いかにバッチサイズを縮小するかがリーン方式では求められる。
足りない部品はまとめて大量に発注するのではなく、究極的には1つ足りなくなれば、1つ注文する。
そうすれば在庫も極小化できるし、変更もしやすい。

企業経営も同じ。
トヨタのような大企業も、生まれたばかりのスタートアップも同じなのだ。

とくに、スタートアップ企業は、今までこの世にないサービスや製品を世に出すのだから、顧客に受け入れられるかどうかは不確実だ。
だから、マーケット分析や製品開発に時間をかけてしまうが、逆に時間をかけ過ぎてはいけない。
パワポで凝った資料なんか作るのはもってのほか。
サービスや製品がある程度完成したらすぐに世に出すことだ。
この製品のことをMVP(Minimum Viable Product / 実用最小限の製品)と呼ぶ。
MVPを世に出して、市場の反応をみながら、迅速に改良していくことだ。
時間を費やし過ぎて作り込んだにも関わらず、まったく市場に受け入れられないものになると、その間の時間、開発費がムダになるし、脆弱な資本のスタートアップにとっては致命傷になってしまう。
それよりもMVPで早く失敗を学び、市場のニーズを組む方がよい。
1つ1つのバッチサイズを小さくし、市場から失敗を学び続け、改良を続けて行く。
それが、リーン・スタートアップの基本的な考え方なのだ。

その他
スタートアップに適した会計、評価方法、
ピボットと呼ばれる方向転換手法
大企業の社内スタートアップが「イノベーションのジレンマ」に陥らない方法
などなど、本書からは学びが多く、書ききれない。

起業とは、一握りの天才、もしくは偶然を味方にした者が、成し遂げるものではない。
だれもが起業に成功できる可能性があるのだと本書は教えてくれる。


ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

1Q84 BOOK3

ネタバレ注意! 物語の結末に触れてますので、本書を読んでない人は「閉じる」ボタンを。 話題の1Q8

記事を読む

Tatsuyaが選ぶ2016年ベストBOOK

      年末恒例のTatsuyaの今年を振り返る自己満足シリーズ第3弾。 今回は、もともと

記事を読む

『ビットコインはどのようにして動いているのか?』を読んで、ブロックチェーンの仕組みを大雑把にまとめてみた

  最近「フィンテック」なる言葉をよく聞くようになりました。 金融(Finance)と技術(Tech

記事を読む

no image

「意識高い系」という病 〜ソーシャル時代にはびこるバカヤロー

『「意識高い系」という病』という本を読んだ。 読み進めているうちに、自分の全てを否定されてるようで気

記事を読む

no image

下流社会

先日、サマーソニックというロックフェスティバルに行ってきました。 いい年して、若者に交じって楽しん

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ウォール街の超高速取引を描いた『フラッシュ・ボーイス』を読んで

  「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画が好きだ。 僕が小学生の頃に始ま

僕のブログを人工知能に学習させて、人工知能に文章を書いてもらおうと悪戦苦闘した記録

    ハリーポッター全巻を人工知能に学習させて、ハリーポッターの新作

携帯電話の利用料金 高額請求にビビる 〜1ヶ月の携帯電話利用料金が380万円!!

          11月に中国に行った時の携帯電話の利

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターか

『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない』を読んで

  昨年の年末に、この記事が炎上したのは記憶に新しい。     深セ

→もっと見る

    • 254162総閲覧数:
    • 119今日の閲覧数:
    • 291昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑