*

43歳の素人プログラマーのオッサンがUnityでゲームを作ってみた(第1弾:ブロック崩しもどきのクソゲー「RALLY BALL」)

私は、システム関係の仕事をしてるわけでなく、
約20年間普通の一般企業のサラリーマンをしてきました。
とはいえ、小学生のころは、
NECのPCシリーズでちょっとしたゲームを作って、
パソコン雑誌(アスキーとか I/Oとか)に投稿なんかしてました。
しかし、思春期になり、こんなオタクなことをやっていてはいけないと思い、
バスケット部に入り、それなりに人並みに青春を謳歌する道を選びました。
プログラミングとは無縁のリア充の人生を送ろうと努力し続けました。
今考えると、あのままギークでいれば、
いまごろIT企業の大物だったかもと妄想を働かすことがありますが、
どっちが良かったかなんて神のみぞ知ること。

それが、1995年、Windows95の登場ととも、私もPCの道へ復活しました。
ホームページを作ったり、Javascriptでクソゲーを作ったりしました。
そして、最近は、iTunesで世界相手にアプリが公開できることを知り、
WindowsからMacに乗り換え、iPhoneアプリをたまに作るようになりました。
今日まで、しょーもないアプリを3作品、iTunesに公開しています。

私の1995年〜今までの作品は、こちらのページにまとめてます。
tatsuya1970 〜My Original iPhone Apps & Javascripts Games
http://tatsuya1970.main.jp/

そういう最近ですが、
昨年の7月に、自信作だったiPhoneアプリがAppleにリジェクトされ、自信を喪失し、
プログラミングに限界を感じましたので、それっきりでした。

が、
それが、たまたま昨日このブログ記事を読んで、久しぶりにワクワクしまました。

【Unity】素人が7日間クソゲーを作り続けてわかったこと
http://uinyan.com/unity_7days_kusoge_challenge/

おー、これなら、僕にでも、3Dゲームができそうだと思い、
即Unityというゲーム開発ツールをダウンロードし、
このブログの著者と同じく、早速、クソゲーを短時間で作ろうと決意しました。
Unityの本を買い、UnityのHPにあるサンプルを参考にし、
http://japan.unity3d.com/developer/document/tutorial/my-first-unity/01.html
(っていうか、ほとんどこのサンプルのパクリ)
わからないところはGoogle先生にききながら、
やっとこさ、今日1日を費やして、
ブロック崩しもどきのクソゲー第1弾
「RALLY BALL」
を作りました。
よろしければ遊んでやってください。
こちらが、リンク先です。
http://tatsuya1970.main.jp/RallyBall.html

それにしても、Unityは、とても便利です。
今まで私の能力では絶対不可能だと思ってた3Dや物理の法則での動きが、開発ツールに標準整備されていますので、
物理法則とかデザイン、3Dモデリングとかに悩まなくてもいいのが、素晴らしいです。
私のような素人でもそこそこ見栄えのよいゲームが作れそうです。
というわけで、今回のようなクソゲーでも、とりあえず試行錯誤して作ったおかげで、
なんとなくUnityの使い方が分かりました。
そして、Unityはマルチプラットフォームなので、
iPhone、Androidのアプリが同時に作れます。
なので、次回はこれでスマホ用のアプリを作ろうと思います。

それにしても、いったい43歳にもなって私は何をしてるんでしょうね。


【参考にした本】

Unity入門 ~高機能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~ Unity入門 ~高機能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~
高橋 啓治郎ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 112537Amazonで詳しく見る by AZlink

【その他参考にしたサイト】
ノンプログラマーがUnityでゲームアプリを公開した開発後記~その1~
http://tokyo1minute.tumblr.com/post/27131241854/unity-1
ノンプログラマーがUnityでゲームアプリを公開した開発後記~その2~
http://tokyo1minute.tumblr.com/post/27762344050/unity-2
個人開発者がホンネで語る「僕らがUnityでアプリ開発を始めた理由」
http://app.famitsu.com/20130416_154388/
GP11 チーム制作 05
http://vga-unity.github.io/gp11/2011/11/02/GP11-05.html
UNITY3Dで2Dのシューティングゲームを作ってみるチュートリアルその6
http://loumo.jp/wp/archive/20130220232509/

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Xcode7.3にアップグレードした後、Unityで作ったプロジェクトを開いた時に出たエラー「Unknown type name ‘__declspec’」の解決方法

        Xcode7.3にアップグレードし、 Unity(5.2.0f3)で作ったプロジェク

記事を読む

「1日で迷路ゲームを作ってみよう!」というUnityの勉強会に参加しました

      今日は、 「1日で迷路ゲームを作ってみよう!」 http://bit.ly/1qHET

記事を読む

第10弾 iPhoneアプリ『チョコとパラボの「ねこたま」』AppStoreに公開

    記念すべき10作目となるiPhoneアプリを公開しました。   今回は、ウチで飼ってるネコが

記事を読む

【iPhoneアプリ開発備忘録】 UnityからiPhoneに転送後、BGMや効果音が出なくなった時の解決策

      Unityで作ったゲームをiPhone実機に転送した時、BGMや効果音が出なくてハマりま

記事を読む

43歳の素人プログラマーのオッサンがUnityでゲームを作ってみた(第2弾:キーパンチシューティングゲーム「ALPHABET BOMBER 3D」)

Unityという開発ツールを使って、クソゲーを作るシリーズ第2弾です。 ちなみに、クソゲー第1弾は

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343343総閲覧数:
    • 67今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑