*

映画『メッセージ』を観て、言語と思考について考えた。

公開日: : 映画感想文 , , , ,

 

 

Snap1103

 

 

「メッセージ」という映画を観た。

 

突然、世界中にエイリアンの乗る巨大飛行体が現れて、

さあどうする?

といった内容。

 

言語学者である主人公は、なんとかエイリアンとコミュニケーションをとり、エイリアンの言語を理解するにつれ、思考・感覚に変化が起こっていく。

人類には理解できない概念をエイリアンの言葉を学ぶことで理解していく。

 

オチには???ってところもあるけど、

そんなことはどうでもいい。

言語や時間について考えさせられる。

誰かと語り合いたくなる。

そんなインテリジェンスな映画だった。

 

 

 

その映画の中で、

「サピア=ウォーフの仮説」というのがある。

思考は言語によって決まる。

つまり、言語が異なれば思考、世界観、時間感覚など違うという仮説だ。

 

以下、思いつくままに例を挙げる。

 

明治維新より前の日本人に自由、権利という概念はない。

日本人に現在完了形という感覚は理解できない。

 

日本人と英語圏の人では色彩感覚は違う。

同じ青でも、Blueだったり、Greenだったり。

日本語には「青」という色だけでも50以上ある。「赤」もそうだ。

日本人の繊細な色彩感覚は言語から来ているかもしれない。

 

言語は性格も変えるかもしれない。

なぜか英語を話すと急に自信満々になる。

主語の次に述語だから、曖昧なこと言えないからかもしれない。

 

理解できないものは言語化できない。

人工知能に恋する「HER」という映画で、人工知能が人類には理解しない概念を「言語化できない」と言って、人間に説明できないシーンがあった。

 

 

「読む」という能力を、脳科学的、哲学的に解明しようとする「プルーストとイカ」という本によれば、

英語を使うとき、中国語を使うとき、日本語を使うとき、脳はそれぞれまったく違う部分を使っているという。

 

 

言語によって、思考は違うのだ。

 

 

 

 

言語からちょっと外れる。

 

ジョージ・オーウェルの「1984」の主人公が勤める役所に言葉を徐々に消していく部署がある。

国を統治するためには、国民に思考させないこと。

一番の方法は、言語というものを無くす事だという。

「美しい」という言葉がなければ、美しさはわからないし、

「自由」という言葉がなければ自由の概念を思いつけないだろうし、

最終的には国民すべてをアヒルのようにガーガーいうだけにするのをミッションにしている。

 

テレビによって1億総白痴化になり、あらゆる形容詞が「やばい」という表現になりかけてるわが国としては笑えない話である。

 

 

 

 

 

以上、映画「メッセージ」から、言語について思いつくことをツラツラ書いた。

 

言語は思考を決定する。

自分の知っている語彙以上のことは理解できない。

 

ベタなことだけど、語彙力を増やすには、読書しかない。

 

本を読もう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

プラダを着た悪魔

今日の日曜洋画劇場はアン・ハサウェイ主演の『プラダを着た悪魔』だった。 何度観てもいい映画。 見終わ

記事を読む

「硫黄島からの手紙」にみるリーダーの要件

今日は終戦記念日なので、テレビの洋画劇場で、 クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙

記事を読む

映画『フランシス・ハ』を見て、夢に向かって走ることの素晴らしさを思う

      話題のオシャレ系映画『フランシス・ハ』を観た。   ニューヨークでダンサーを夢見る27

記事を読む

テレビに簡単に支配されてる私たちが人工知能に勝てるわけがない。~映画「エクス・マキナ」を見て(ネタばれ注意)

          「ググれカス」という言葉がある。 ネット上でくだらない質問をした

記事を読む

ホビット 竜に奪われた王国

この世の中にファンタジー映画はたくさんありますが、 いまだに私の中では『ロード・オブ・ザ・リング』

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

48歳中年サラリーマン はじめてのコミケ出展の巻

  2018年8月12日(日) 東京ビッグサイトで開催されたコミックマ

→もっと見る

    • 322187総閲覧数:
    • 32今日の閲覧数:
    • 129昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑