*

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その5)~ラズベリーパイとGrovePiで、温湿度データをGoogleスプレッドシートに保存する。

 

 

IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」といろいろ試してる40代中年の文系のオッサンです。

 

【これまでの履歴】

その1: IoT電子工作体験キット(ソラコム+ラズベリーパイ)でIoTデビュー

その2:Arduino + ソラコムLoRaWANで 温度データをクラウドに投げ可視化してみた

その3:Arduino + ソラコムLoRaWANで温度データをアマゾンのクラウドAWSのS3へ送ってみた

その4:ラズベリーパイで、1-Wireデバイスの温度センサーを使って、温度データをLINEへ通知する(Windows)

 

 

 

 

今回は、GrovePiとGoogleスプレッドシートに挑戦します。

自分用メモですので、すごく読みづらいと思いますが、ご了承ください。

 

 

 

使うものは

 

ラズベリーパイ

GrovePi+

GROVE – デジタル温度・湿度センサ

 

 

GrovePi+

 

GrovePi+は、はんだ付け不要、ブレッドボード不要で、センサーとラズベリーパイをつなげることができる優れものです。

 

 

ラズベリーパイ

 IMG 7537

 

GrovePi+

 IMG 7538

 

合体!!

 IMG 7540

 

 温湿度センサー

 IMG 7541

 

この線でGrovePi+に繋げるだけ

 IMG 7542

 

ジャジャーン

半田ごてもブレッドボードも不要です。

IMG 7545

 

 

なお、今回はラズベリーパイのインストール、Wifiの設定などは省略。

 

GrovePiのインストールはこちらをご参照。

https://www.dexterindustries.com/GrovePi/get-started-with-the-grovepi/setting-software/

 

 

 

Googleスプレッドシート

 

Googleスプレッドシートを新規作成

 

ファイル名は何でもいいけど、 「temper」 とします。

シート名は何でもいいけど、「sheet1」とします。

A列を時刻、B列を温度、C列を湿度 とします。

 

1

 

 

右上の「共有」ボタン >「共有可能なリンクを取得」

 2

 

「リンクを知っている全員が閲覧可」になる

 3

 

 

 

 

 

Google Cloud Platformの設定

 

Google Cloud Platform のコンソールで、

新規プロジェクトを作成

 

4

 

 

Google Sheet API を有効化するために、

 

APIとサービス > ライブイラリ

「Google Sheets API」で検索

 

「有効にする」をクリック

 

 

Google Drive API も 同様の手順で有効化する。

 

 

 

APIとサービス > 認証情報

 

認証情報を作成 > APIキー

 

 5

 

 

「キーを制限」をクリック

 

 

 

名前を「temper_api」

 

APIの制限で「Google Sheets API」を選ぶ

 

アプリケーションの制限で適切なものを選ぶ

 

6

 

 

保存

 

IAMと管理

>APIとサービス

>サービスアカウント

>サービスアカウントを作成

 

 7

 

 

サービスアカウントの作成

サービスアカウント名「temper_account」

 

8

 

 

鍵を作成 (JSON形式で)

 

 9

 

JSONファイルができる。

ラズベリーパイの実行ファイルと同じフォルダに保存する。

 

これで、Google Cloud Platformでの設定は終わり。

 

Googleスプレッドシートを開き。

「共有」ボタン > 他のユーザーと共有

 

ユーザーのところに

サービスアカウントのメールアドレスを入する

本件では「temper-account@temper-XXXXXXXXXXXXXXX」

 

10

 

 

これで、Googleスプレッドシートの準備は完了

 

 

 

 

 

プログラム

 

以下のサイトを参考にした。

 

温湿度センサーからのデータ取得

https://github.com/DexterInd/GrovePi/blob/master/Projects/Home_Wether_Display/Home_Wether_Display.py

 

Googleスプレッドシートへのデータ書き込み

https://gcbgarden.com/2018/04/04/python-spreadsheet/

 

 

プログラミング言語:python 2.7

 

 

ライブラリをインストール 

$ pip install gspread

$ pip install oauth2client

 

 

 

コード

 

 

 

実行

 

 ScreenShot

 

Googleスプレッドシートに温湿度のデータが書き込まれていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』を読んで

    「測ることができるすべてのものを測れ。測ることができないものは、測ることができるようにしろ

記事を読む

「IoT ASIA」で気になった企業リスト

          3月21日、22日にシンガポールで「IoT ASIA」というイベントが開催されま

記事を読む

「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加しました。

    いつか起業したいなーという思いはあるのですが、ずっと「いつか」ばかりで実行力のないTatsu

記事を読む

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Conference 2018 デジタラ

記事を読む

ソラコムの奇跡

    今年はいろんなことがありましたが、 中でもMaker Faireに出展したことは思い出深いで

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「Maker Faire 深圳」 に出展しました

    11月9日・10日と「Maker Faire 深圳」に出展しま

京都をブラタツヤ

      ちょっと古い話ですが、 8月24日に京都に行ってきました。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観て(ネタバレあり)

        久しぶりにタランティーノ映画を観た。   ネタや伏線

NeoPixelでアイアンマンのようなものを作ったよ

前回の投稿の光るSDGsバッジを作って、SNSに投稿したら、ある人か

NeoPixelで光るSDGsバッジ作ったよ

    最近、こんなバッジ付けてる人、よく見かけますね。

→もっと見る

    • 754203総閲覧数:
    • 902今日の閲覧数:
    • 1624昨日の閲覧数:
    • 9現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑