*

Tatsuyaが選ぶ2016年ベストBOOK

公開日: : ,

Fac2eedb20be826c9c172424a5f47652 s 

 

 

年末恒例のTatsuyaの今年を振り返る自己満足シリーズ第3弾。
今回は、もともと書評ブログのつもりで始めたTatsuya’s blogらしく、今年のベストBOOKを発表します。


とはいえ、今年発売された本はほとんど読んでないので、今年読んだ本の中からベストを発表します。

 

 


 

じゃじゃーん!

 

ベストBOOK

『人工知能は人間を超えるか』

 

今年のバズワードである人工知能。

毎朝新聞を読むと必ずどこかに「人工知能」とか「AI」の文字が踊ってました。

猫も杓子も人工知能な1年でした。

凄そうなのはわかったけど、でも、なんか、よくわからない。

しかし、人工知能からは逃れれません。

まずは、これを読んで、普通のビジネスマンが知っておくべき人工知能の最低知識を身につけたらいかがでしょうか。

とりあえず、「ディープラーニングとマシンラーニングは違うんだよ」と講釈たれて、若者から「このオッサンやるじゃん」と思われること請け合いです。

かつて「IT」のことを「イット」と呼んだオジさんのようの「AI」のことを「アイ」と読まないためにもこの本は必読です。

エンジニア、IT系以外の全社会人必読の本だと思います。

 

 

 


 

次は、

私のブログからのアフリエイトで一番多く売れた本

 

『DUO 3.0』

これは英単語帳なのですが、

2013113日のエントリー

からのリンクでのご購入でした。
お買い上げありがとうございました。

 

 

 


 

今年は、長時間勤務の仕事、そして休日はアプリ開発に時間をとっていたため、読書量が激減しました。

読書量が減ったため、世の中のことに疎くなりつつあるので、危機感を感じます。

 

来年は、なんとか隙間時間を使って、昔のようにたくさん読書をしたいと思います。

 

 

 


 

 

 

【過去のベストBOOK

2015

『嫌われる勇気』

(岸見一郎、古賀史健)

 

 

2014

『ヤンキー経済』

(原田曜平)

 

 

2013

『ゼロ』

(堀江貴文)

 

 

2012

MAKERS ―21世紀の産業革命が始まる』

(クリス・アンダーソン)

 

 

2011
『スティーブ・ジョブズ』

(ウォルター・アイザックソン)

 

 

 

 

2010
『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

(橘 玲)

 


2009
『ブラック・スワン』

(ナシーム・ニコラス・タレブ)

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

プルーストとイカ

「むかし、むかし、あるところに・・・」 子どもの頃、寝る前に布団の中で、母親から本を読んでもらうの

記事を読む

ノマドワーカーという生き方

昔、私はスズキの四駆「エスクード」という車に乗ってました。 その「エスクード」の中に「ノマド」とい

記事を読む

no image

キャズム

昨日はiPhone4Sではしゃいでた私。 そういう今やバカ売れのiPhoneだけど、日本では当初相当

記事を読む

no image

バフェットの教訓

本日3月21日の予定だったウォーレン・バフェット氏の来日が延期となったと今週の日経ヴェリタスに記載さ

記事を読む

no image

強さと脆さ

世界的ベストセラー『ブラック・スワン』のタレブの新作。 というか、『ブラック・スワン』の第2版用に

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ウォール街の超高速取引を描いた『フラッシュ・ボーイス』を読んで

  「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画が好きだ。 僕が小学生の頃に始ま

僕のブログを人工知能に学習させて、人工知能に文章を書いてもらおうと悪戦苦闘した記録

    ハリーポッター全巻を人工知能に学習させて、ハリーポッターの新作

携帯電話の利用料金 高額請求にビビる 〜1ヶ月の携帯電話利用料金が380万円!!

          11月に中国に行った時の携帯電話の利

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターか

『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない』を読んで

  昨年の年末に、この記事が炎上したのは記憶に新しい。     深セ

→もっと見る

    • 254162総閲覧数:
    • 119今日の閲覧数:
    • 291昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑