*

Tatsuyaの2017年ベストBOOK

公開日: : ,

 

Book

 

 

 

今年を振り返る自己満足企画第3弾。

 

 

 

今回は、もともと書評ブログのつもりで始めたTatsuya’s blogらしく、今年のベストBOOKを発表します。

 

とはいえ、今年発売された本はほとんど読んでないので、今年読んだ本の中からのベストになります。

 

 

 

 

ベストBOOK

『〈インターネット〉の次に来るもの』

 

 

 

 

 

ここ1年くらいで、私を取り巻く世界は大幅に変わりました。

それは、単に仕事の環境が違ったからではなく、私の周りという狭い世界でさえ、容赦なくテクノロジーが襲いかかってきているのを肌で感じます。

そして、その流れは、ここ数ヶ月で更に加速しているような気がします。

 

こうした流れは不可逆(The Inevitable)なもので、もうどうすることもできません。

しかし、どうしたらいいか、このままシンギュラリティまで座して死ぬのを待つだけなのか。

いいえ、そんなことはない。

今この瞬間が、何をするにも最高の時代なんだと、迷える子羊である私たちを未来に導いてくれる書です。

 

2018年も引きつづき、テクノロジーの発展による不可逆な流れは、あらゆる産業を飲み込み、更に加速して行くことでしょう。

お正月休みに、それに備え、本書を手にとって準備されては如何でしょうか。

 

 

 

 


 

なお、

私のブログからのアフリエイトで一番多く売れた本

 『世紀の空売り』

 

理由はわかりませんが、なぜか、昨年の映画「マネー・ショート」の原作本が売れてます。

リーマンショックが舞台なので、難解な金融用語が多用されてますが、スリリングでテンポよい展開なので、金融に詳しくなくても楽しめます。

 

ビットコイン相場が過熱している昨今、改めて読むのもいいかもしれません。

バブルの裏ではどんなヤツが暗躍してるか分かりませんし。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

【過去のベストBOOK


2016

『人工知能は人間を超えるか』

(松尾豊)

 

 

2015

『嫌われる勇気』

(岸見一郎、古賀史健)

 

 

2014

『ヤンキー経済』

(原田曜平)

 

 

2013

『ゼロ』

(堀江貴文)

 

 

2012

MAKERS ―21世紀の産業革命が始まる』

(クリス・アンダーソン)

 

 

2011
『スティーブ・ジョブズ』

(ウォルター・アイザックソン)

 

 

 

 

2010
『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

(橘 玲)

 


2009
『ブラック・スワン』

(ナシーム・ニコラス・タレブ)

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

下流社会

先日、サマーソニックというロックフェスティバルに行ってきました。 いい年して、若者に交じって楽しん

記事を読む

no image

貧困のない世界を創る

2006年ノーベル平和賞受賞の バングラディッシュのグラミン銀行ムハマド・ユヌス氏の あまり

記事を読む

no image

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に 現在私は40歳、もうオヤジだ。 オヤジ狩りの対象でもある。 でも精神年齢は10

記事を読む

『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』を読んで、未来の日本の進むべき道を考える

産業革命以来の革命が進行中だ。 ここ数年、我々は何か間違った考え方に洗脳されていたのではないだろう

記事を読む

no image

現実を視よ

私は生まれてから今まで海外とはまったく無縁のドメスティックな普通の人でした。 2ヶ月前にフィリピンへ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その2:武候祠)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その1:グルメ編)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録を

→もっと見る

    • 299913総閲覧数:
    • 698今日の閲覧数:
    • 253昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑