*

「 本 」 一覧

『東京都同情塔』を読んで

2024/03/09 |

ChatGPTを活用して作ったという芥川賞受賞作「東京都同情塔」を読了。     久しぶりに純文学に触れた。
容赦ない言葉、表現のシャワーを浴び続ける。
よくこんなにたくさんの言葉・表現を紡ぎ出せる

続きを見る

 『三体』シリーズを読了

2023/12/28 | 中国,

今年はあまり本を読んでないですが、今年は遅まきながら「三体」三部作を読了した。 2023年3月10日に第1部を購入して、コツコツ半年かけて、9月6日に読破。(全5巻約2000ページ) この感動をどうや

続きを見る

『メタバースのしくみ』を読んで

2022/10/10 | メタバース,

  メタバースって言葉が流行ってます。人によって言ってることが微妙に違うので混乱します。   メタバースはブロックチェーンやNFTが必須だとか、いや、メタバースとNFTは関係ないとかメタバースはWeb

続きを見る

コミュニティ活動に必須の本『遠くへ行きたければ、みんなで行け』を読んで

2022/06/26 |

    スイッチサイエンスの高須正和さんの新刊を読んだ。   「遠くへ行きたければ、みんなで行け ~「ビジネス」「ブランド」「チーム」を変革するコミュニティの原則」         本書の出だしのア

続きを見る

『メタバース さよならアトムの時代』を読んで

2022/05/07 | cluster, メタバース,

    『引きこもりを加速する』     2年前、初めてバーチャルプラットフォームのclusterにアクセスした時に飛び込んできたこの言葉の印象がいまだに鮮明に頭に残っています。 こんなにも的確にサー

続きを見る

『DX CX SX ―― 挑戦するすべての企業に爆発的な成長をもたらす経営の思考法』を読んで

2022/04/02 | DX,

  Industry 4.0 、Society5.0 と言われて久しい。 最近はそれらを包括してDXと言われるようになった気がする。   使われる言葉は変わっても、10年前から同じことを聞かされ続けて

続きを見る

『イノベーターのためのサイエンスとテクノロジーの経営学』を読んで

2022/03/26 | イノベーション,

    私は5年前に県庁に出向し、そこで「イノベーション推進チーム」という凄い名前の部署に配属になって以来、イノベーション分野の周辺を漂っている。   といっても、 自分がイノベーターでもなく、 もち

続きを見る

『パクリ経済』を読んで

2022/02/17 |

  コピーはイノベーションを刺激する。   と、聞いてどう思うだろうか。     けしからん。 そんな姑息なことがゆるされるはずはない。 コピーを自由に許してしまうと、誰も創造なんかしなくなるではない

続きを見る

アメリカ同時多発テロから20年目の日の雑感(関連書籍の紹介)

    この写真は、1996年か97年に人生初の海外旅行で訪れたニューヨークのワールドトレードセンターの展望台からの景色です。       まさか、この写真を撮ったときに、数年後にここに飛行機が突っ

続きを見る

『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』を読んで

            「補助金が地方のガンなんや!」   いきなり帯の過激な文が目に飛び込んでくる 『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』 という本を読んだ。     著者の豊

続きを見る

ad

ad

生成AIで作ったキャラクターをLive2Dで加工しUnityで動かす(まばたき、話す)

  ChatGPT(DALL-E3)で作ったキャラクターをもとに、Ch

24時間のトランジットならビザなしで中国に入国できる(上海浦東空港での体験)

中国での入国を伴うトランジットについて、私は事前にググりまくって情報を

『東京都同情塔』を読んで

ChatGPTを活用して作ったという芥川賞受賞作「東京都同情塔」を読了

『ボーはおそれている』を観て

    3月1日の映画の日はミッドサマーの監督の最新作を鑑賞(ミッド

生成AIを使ったテレビニュース風の動画の作り方(HeyGen + Canva)

  イベントの宣伝用にこんな動画を作りました。   誰でも簡単に作れ

→もっと見る

    • 1676478総閲覧数:
    • 161今日の閲覧数:
    • 204昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑