*

ガス代無しの無料NFTを配布する方法

公開日: : 最終更新日:2024/02/04 NFT, web3, ブロックチェーン

 

年賀状をNFTで無料配布しようと思い立ち、試してみました。

なお、ガス代無しというのは、NFTを受け取る側が無料ということで、その分のガス代をNFTの発行者が立て替える設定をします。

 

まず準備するもの

NFT画像

私は生成AIで作った画像に、複数の背景を用意して、こちらのサイトでたくさんの画像を作成しました。めちゃ便利なサイトです。ありがとうございました。
https://aakizukii.com/generator

自分のWEBサイト

WordPressが使えるレンタルブログでも可

ウォレット

私はMetaMaskを使用。
今からする手続きにいくらかガス代はかかりますので、ウォレットにいくらか入金してください。
ブロックチェーンは安いのを選びましょう。
イーサリアムでは高額で死んでしまうので、ポリゴンがいいです。
各手続きが2、3円でできるレベルです。

 

コントラクトを作成

Thirdwebにアクセス
https://thirdweb.com/dashboard

「Connect Wallet」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f36646539376361663062623735303264316434363939316138333334633434642e706e67

「Contracts」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f38313430383239646131616539363639316630313137383065633435613566652e706e67

「Deploy Contract」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f63643334353263653030336438306434663031353633306535306433303233632e706e67

「NFT Drop」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f33666464633438316131653464623963643336356630396432633039383036372e706e67

「Deploy Now」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f30653964346539616332333135613036326164393764616532393564653432302e706e67

いろいろ入力して 「Deplpy Now」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f66646134353635363631633637366461653262653832373030323730326563382e706e67

「NFTs」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f64363833396138353535333332373361613563356366373537363735663062642e706e67

僕の場合は、たくさんのNFTをまとめてアップするので
「Batch Upload」

65bf92a51b4e00915dd5f313cbf8befb

NFT画像とメタデータの入ったフォルダを同時にアップロードする。
(メタデータ用のsample.csvはここからDLできる)

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f32653032393437633063353062373630363365353666333839363065356134372e706e67

 

こんな画面になる。
(NFT画像が反映されるのは、5分くらいかかったので、焦らないこと)

0865eb9c92c41f350d2e3952e3d65655

 

次は、NFT 発行の準備に入ります。

「Claim Conditions」をクリック

01

「Add Phases」

01

 

 

 

今回は無料で配布するので
How much do you want to charge to claim each NFT?
はゼロ

1ウォレットあたり何個まで配布するか決める。
How many NFTs can be claimed per wallet?

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f31343266303863343066393262646239343833383437333639396234396564662e706e67

 

 

ガス代無料の設定

このままでは、NFTは無料だけど、ガス代はかかる。

ガス代を発行者負担にするためにOpen Zeppelin Defenderというものを使う。

以下の2つのブログのいいところ取りをしました。

ありがとうございました。

 

Open Zeppelin Defender を開く
https://defender.openzeppelin.com/

 

「Manage」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f34313733376633646436333935353735366236613632623165323837333737632e706e67

 

「Create Relayer」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f66363064343462383065616134326236323035643933633661333434633539612e706e67

 

名前を記入、ネットワークを選んで、「Create」

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f39666266653734326531303431366563363335323830313137636134353061302e706e67

 

Relayersができる

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f33666131303536636665656166313534393433626132656434343764316138662e706e67

現在OpenZeppelinのMATICがゼロなので、外部から送る。

ここからガス代を立て替える仕組みになっている。

 

 

More > Create API Key

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f34343665663164663539366636636333643966396137633638383838316162642e706e67

APIキーとシークレットキーができるけど、結局あとでどこで使うのか分からなかった。
(あとで出てくるWebhookのURLに組み込まれてるのかな?)

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f65643339613963616532643261383361306531363665633532326630646539362e706e67

Actions > Create Action

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f33363364323431663631633064343933323230386339623538653436343131662e706e67

 

General Informationで

Trigger: Webhook
Connect to a Relayer : さきほど作ったRelayer

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f37343036393964346338376435306237303564386666363831616238646234372e706e67

Code欄は、デフォルトのコードを消去して、
ここのコードをコピペする。
https://raw.githubusercontent.com/thirdweb-dev/ozdefender-autotask/main/src/forwarder_handler.js

 

そして、「Save Action」

Actionが作成される。

Webhook URLをどこかに控える

 

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f35616263656561396234663662363834386639333861323663663430313064662e706e67

Third Web に戻り

Embeddの
GaslessをプルダウンでOpen Zepprin Relayerを選択
Open Zepprin Rerayer URLには、先ほど控えたWebhookのURLを貼り付ける。

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f39613830623332646463363161643665386335396662653339623838623734362e706e67

 

最後に Embed Codeをクリップボードにコピーして、

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f63386539383930373234306539613632343831323864303362376135663033662e706e67

 

自分のホームページやブログに貼り付けて、完成!!

スクリーンショット 2024 01 02 8 59 40

 

 

なお、このままではスマートフォンでは綺麗に反映されないので、Embed codeのsrcの部分だけのURLのリンクを貼るか、QRコード化するなどしたらいい。

 

 

その他

ミントボタンを押したあと
「Failed to mint drop」というエラーが出た。

理由は分からないけど、
Claim conditions の下方
「Reset Eligility」を押したら直った。

68747470733a2f2f692e6779617a6f2e636f6d2f64313734376264383461303863643363353963316633386366343938643430322e706e67

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

NFTをミント(発行)する方法

  自分用備忘録 以下前提 ・Metamask持ってる ・Openseaのアカウント持ってる    

記事を読む

【MeatMask】イーサリアムメインネットワークにあるMATICをポリゴンネットワークに移す方法

  イーサリアムメインネットワークにあるMATICをポリゴンネットワークに移すには、MetaMask

記事を読む

web3グローバルハッカソンに参加しました

web3グローバルハッカソンに参加しました   博報堂キースリー主催の「web3グローバルハッカソン

記事を読む

シンガポールのスタートアップ関連英文記事を要約してみるシリーズ(その2:Electrify)

訳あって当面シンガポールのスタートアップ事情を調べることになったのですが、日本語の情報が少ないので、

記事を読む

G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデアソンに参加

    先週6月2日、G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデアソンに参加しました。   h

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

映画「マッドマックス:フュリオサ」を観た

  1979年、子供のころにTVで見た「マッドマックス」は衝撃的だった

イギリスをブラタツヤ(3/17 ロンドン 初めての海外サッカー観戦 チェルシーvsレスターシティ)

  前回はこちら     2024年3月17日イギリス旅行2日目はサ

映画『悪は存在しない』を観て

    『ドライブ・マイ・カー』の濱口監督の新作『悪は存在しない』を

Oasisの公式トリビュートバンド「Oasish」のライブに行きました

    2024年3月16日イギリス旅行、初日の夜は OASISの公式

イギリスをブラタツヤ(3/16 ロンドン)

  今日から本格的にブラタツヤ「イギリス編」です。   前回はこちら

→もっと見る

    • 1713604総閲覧数:
    • 290今日の閲覧数:
    • 250昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑