*

『マトリックス レザレクションズ』を観て(ネタバレ注意)

(ネタバレ注意)

最近メタバースがバズってる。

元祖メタバースの1つともいえるマトリックスの新作が公開された。

 IMG 3432

一般的にマトリックスは攻殻機動隊のマネっていうけど、一般ピープルにこういったメタバース的な世界観を広めたのはマトリックスだと思う。

またVRヘッドセットが一般化されていない時代、セカンドライフが出る前からメタバースの世界観を教えてくれた。

マトリックス3部作は、自分にとっては、当時急速にグローバル化、IT化していく時代に取り残されるのではないかという不安感が重なり、救世主ネオにその回答を心の底で欲していたと思う。

あれから20年、ますます混沌する時代に、マトリックスはどのような世界観、問題提起をみせてくれるのだろうか。期待と不安に入り混じって観に行った。

が、新しい発見はなかった。

終始、初見の観客を置き去りにする、良い言い方をすればメタ的、セルフパロディ的な展開にはうんざり。

ネオとトリニティのその後が、新キャラの口から語られる衝撃の事実。あれだけ大変な思いをしたマトリックス3部作は一体なんだったの?

前作の最後で仄めかした(専門用語がわからないが)VR世界が人間の能力を拡張することの答えが見られると思ったけど、そんなところはまったくなく、スターウォーズ的世界の中で、プライベートな理由で愛する人を救い出すというスケールが小さい戦いに、共感がまったく沸かない。

(結果的にプライベートな理由の戦いだったが、世界を救うことにはなったけど)

ストーリーはともかくマトリックスといえばアクション。

昔の香港のカンフー映画やジョンウー映画のように、映画を観た後誰もが真似したくなるカッコいいポーズ、カッコいいシーンがあったが、それもまったくない。

見せ場の多かったエージェントとの戦いからゾンビのような物量投入ボットとの戦いに移行してクール感がなくなった。

シンエヴァのように作品をよく知る人間へ中年へのノスタルジー映画なのか。

いや、シンエヴァは、収集がつかなくなったエヴァの物語を完結させるための映画だったけど、マトリックスは終息したものを掘り起こした映画だ。太古の昔の魔王を召喚したら、これじゃない感の魔王を召喚してしまった。

もしかしたら、前作のラストを気に入らなかった監督が、ネオとトリニティを掘り起こし、幸福なエンドに持って行きたかったと思えば、なるほどというラストではある。

もちろん作品は監督のものだから、監督がいいといえばいいに決まってる。

スターウォーズもそうだけど、こうやって、いろいろ文句を言ってしまうほどマトリックスが好きだということの裏返しなんだろうけど。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

面倒くさい老害による映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の感想

      私は天邪鬼で、流行ってるものに関心がないというか、関心がない風を装うイヤなヤツである。

記事を読む

no image

長ぐつをはいたネコ

映画「シュレック」のスピンオフというべきか、 「シュレック」で大人気の「長ぐつをはいたネコ」が単独

記事を読む

カールじいさんの空飛ぶ家

一部ネタバレ注意! ピクサーの映画は見るたびに進化している。凄い。 ピクサーの映画は最新作が最高傑作

記事を読む

ホビット 竜に奪われた王国

この世の中にファンタジー映画はたくさんありますが、 いまだに私の中では『ロード・オブ・ザ・リング』

記事を読む

天使と悪魔

キリスト教のことをよく知らないので、この映画の見所を理解しているとは言えなく、コメントのしようがない

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

2021年「Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング」

            2021年最後のブログは、 「Tatsuya’

Tatsuyaの2021年劇場映画ベスト3

        毎年恒例の今年を振り返る自己満足企画「個人的映画ベス

中盤まで大傑作だった映画『ドライブ・マイ・カー』を観て(ネタバレ注意)

(ネタバレ注意) ほとんどが広島ロケということで私のような広島

「地方創生ハッカソン in 福井」に参加しました。

    2021年11月27日・28日、福井市内で開催された「地方創生

ヒーローズリーグで「新種を発見したで賞」を受賞しました

  ※一部の画像は知人のSNSから取得してますのでご了承ください。  

→もっと見る

    • 1192180総閲覧数:
    • 95今日の閲覧数:
    • 239昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑