*

「シン・ウルトラマン」を観て

公開日: : 映画感想文

 281647712 5138819869499839 4655118397774480520 n

90年代・2000年代を席巻したタランティーノ監督の映画が好きだった。

その一方で、自分の好きなもののパロディ、オマージュ、リミックスばかりなものが、オリジナル映画って言えるのかなと疑問もあった。

タランティーノほど露骨じゃないけど、スピルバーグも自分が子供のことに好きだったことを少し形を変えて再生産し続けている。また映画に限らずあらゆるものが、先人たちが作った車輪を少しづつ変えて再生産し続けている。こうやって文明や文化は徐々に徐々に変化している。

エヴァンゲリオンで大成功した庵野監督も、タランティーノやスピルバーグと同じく、子供の頃好きだったものを再生産するようになってきた。

ゴジラを現代の霞ヶ関ドラマとして甦らした「シン・ゴジラ」は大傑作だった。

そして、今回のシン・ウルトラマンだ。

うーん。

それなりに楽しめたけど、とくに後々印象に残ることはなかった。

シン・ゴジラのような、災害へのスペクタクルや教訓はなく、今の時代になぜウルトラマン?というのが伝わらなかった。

ウルトラマンのオマージュやパロディを見つけて楽しむ鑑賞が正解な気がする。

昔ウルトラマンを好きだった人たちが、ウルトラマンを作った。

その趣味に付き合わされた感。

シン仮面ライダーはどうなるのだろう。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

セントアンナの奇跡

スパイク・リー監督の最新作「セントアンナの奇跡」 スパイク・リーの出世作「ドゥ・ザ・ライト・シング

記事を読む

英語学習のモチベーションが下がった君へ、映画『マダム・イン・ニューヨーク』を観よう!

私は、なぜか40歳を超えてマジメに英語を勉強し始め、当初400点台だった

記事を読む

映画『フランシス・ハ』を見て、夢に向かって走ることの素晴らしさを思う

      話題のオシャレ系映画『フランシス・ハ』を観た。   ニューヨークでダンサーを夢見る27

記事を読む

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。       今年は映画館で観た

記事を読む

映画『TENET テネット』は理屈で観てはいけない。考えるな、感じろ!

僕が理系を諦めたのは高校1年生の物理の授業だった。 頭脳がついていかなかった。   今はすごく後悔し

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

コミュニティ活動に必須の本『遠くへ行きたければ、みんなで行け』を読んで

    スイッチサイエンスの高須正和さんの新刊を読んだ。   「遠くへ

Unity でYouTubeを流せるアセット

    Unity でYouTubeを流してみたく、ググってみると、い

「シン・ウルトラマン」を観て

  90年代・2000年代を席巻したタランティーノ監督の映画が好

M5StickC Plus のUIFlow用のWi-Fi設定方法

    すぐ忘れると思うので、ここに備忘録を残します。     左側

【PLATEAU】blenderで原点をそろえる

PLATEAUからダウンロードしてFBXに変換したデータの原点をゼロ

→もっと見る

    • 1261900総閲覧数:
    • 112今日の閲覧数:
    • 293昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑