*

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』を観て

公開日: : 映画感想文

 

ジェームズ・キャメロンの「アバター」は3DCGの革命を起こした作品として歴史に残る作品だった。

そして、今からしてみると、現在を予見していた映画でもあった。

原住民(ナヴィ族)がネットワークの力で、侵略者(地球人)を打ち負かしたという物質社会から情報処理社会、今のWeb3へつながる世界観。

SDGsという言葉のなかった時代に、サスティナブルの概念を一般人にわかりやすく提示した。

 

 

それから12年経って、続編が公開された。

Pic

 

 

 

最近私もメタバースとかアバター作ったりしてCGをほんのちょっと齧ってるからか、ずっとCGに驚きっぱななしだった。

特に、水の描写。

世界最高水準のテクノロジーを体感するには最高の体験。

そのへんのテーマパークなんかよりも手軽に映画館で体験できる。

 

 

ストーリーに転じると

舞台を森から海に変え、

資源を求める侵略者と原住民の戦いという構図と

主人公が新しい環境に適用するまでの苦労を描くというところは変わっていない。

また、キャメロン監督が過去にやってきたことを随所にだして、新しさは感じない。

アバターに、アビスとランボー2とエイリアン2という要素を散りばめた感。

 

超弩級のテクノロジーとアクションがなければ、3時間という上映時間はきつかったとは思う。

 

 

 

とはいえ、あと続編が3作あり、多くの楽しみが残った。

 

主人公の娘がスターウォーズでいうフォースのようなものに目覚めたこと、

地球人の心をもったナヴィ族のアバターの父親と地球人の息子の関係がどうなるのか

移住という壮大な計画を果たすため、より巨大な侵略が始まり壮大な悲劇、ドラマが予想されるなど

 

スターウォーズ、ロード・オブ・ザ・リングに続く、歴史的なSAGAになることを期待する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

究極のパワハラバトルアクション映画『セッション』を観て

      パワハラって悪いイメージがある。   一方で、熱血指導と紙一重だという意見も分かる。

記事を読む

ハゲタカ

小説、ドラマは見てませんが、 友人から「金融マンなら必ず見るべし!」と言われたので観に行きました。

記事を読む

ドラゴン・タトゥーの女

『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィット・フィンチャー監督が、 全世界6500万部のベストセラー『ミ

記事を読む

no image

レッドクリフ PartII

ジョン・ウー版三国志の第2弾。 三国志の設定をもとに、ふんだんにオリジナルストーリーを入れて、 観る

記事を読む

Tatsuyaの2017年ベスト映画

          今年を振り返る自己満足企画第2弾。       今度は映画編です。     今年

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

手っ取り早くLPなどウェブサイトを作るにはBootstrapのテンプレートがお勧め

  備忘録メモ   手っ取り早くLPとかウェブサイトを作るには、Boo

cluster でワープさせる方法

  しょっちゅう使うので、自分用備忘録   たとえば、こんなワープゾー

お絵描きAIで年賀状

  明けましておめでとうございます。   お絵描きAIで年賀状イラスト

お絵描きAIがここ数ヶ月で脅威の進化

  ここ数ヶ月でお絵描きAIの進化がすごいです。 その様子をMidjo

2022年Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング

        2022年最後のブログは、 「Tatsuya’s b

→もっと見る

    • 1330020総閲覧数:
    • 35今日の閲覧数:
    • 506昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑